25.7 C
New York
火曜日, 6月 18, 2024

Buy now

FPTは日本で、FUNIXプラットフォームに基づいてキャンパスをつなぐスマートキャンパスシステム (SMART CAMPUS TO CAMPUS) を構築

9月24日の朝、群馬県市役所で群馬大学が記者会見を開き、FUNiXオンライントレニンーグ組織(FPTコーポレーション)が提供するプラットフォーム上で、キャンパスをつなぐスマートキャンパスシステム(Smart campus to campus)の構築に焦点を当てた5年間の戦略計画を発表した。記者会見はNHK、読売新聞、毎日新聞、上毛新聞や群馬テレビなど、日本の多くの主要メディアの注目を受けた。

9月24日の朝、群馬県市役所で群馬大学が記者会見を開き、FUNiXオンライントレニンーグ組織(FPTコーポレーション)が提供するプラットフォーム上で、キャンパスをつなぐスマートキャンパスシステム(Smart campus to campus)の構築に焦点を当てた5年間の戦略計画を発表した。記者会見はNHK、読売新聞、毎日新聞、上毛新聞や群馬テレビなど、日本の多くの主要メディアの注目を受けた。

キャンパスをつなぐスマートキャンパス(SCC)は、FUNiXのプラットフォームを通じて教育材料を共有し、各参加大学のオンライン講座を構築し、学生が統一されたプラットフォーム上で異なる大学の授業に参加できるようにするシステムである。FUNiXがコーディネーションセンターとして、学生がつながる大学間交流活動を開催し、オンラインプラットフォーム上で活気ある学生のグローバルコミュニティを作る役割を果たす。

尚、SCCも各参加大学で相互に単位互換を認める制度、そしてFUNiXの統一プラットフォーム上に、学生が同時に複数大学の授業を受けたり、単位認定を修得したりすることができる連携トレーニングプログラムを構築することも計画している。群馬大学とFUNiXの代表者は、SCCには日本、オーストラリア、アメリカ、イギリスの主要大学の参加が期待されると述べた。

記者会見で、群馬大学の代表者はFUNiXと協力して、群馬県桐生市での外国人支援サイトを開設する計画も発表した。サイトは、桐生市の市域に居住する外国人に就職、医療、教育に関する必要な情報だけでなく、市内のサポートプログラムの情報も提供する。本プロジェクトは、FUNiXのメンターが主催者、FUNiXと群馬大学の学生が多くの開発工程に参加してもらうような形で実施される。これはオンラインプラットフォーム上の実際のプロジェクトに参加することで学生がつながり、学び合う機会や一緒に働く機会をもたらす双方の努力である。プロジェクトは9月29日に、桐生市長や桐生市議会の前で発表される。

記者会見に参加した日本メディアは、FUNiXのシステムとスマートキャンパスプログラムについて多くの質問をした。一番注目されたのは、トレーニングプログラムやオンライン学習支援システム等であった。2021年9月24日(JST)18:00に、記者会見についてのニュースが群馬TVに放送された。また、NHK、朝日新聞、読売新聞等もこのプログラムについてのニュース記事を掲載する予定がある。

Related Articles

Mới nhất