24.4 C
New York
火曜日, 7月 16, 2024

Buy now

FPT Japanは従業員のためのマインドフルネス実践を開催: 意義深い体験

FPT Japanの従業員の感情知能を強化するための一環として、FJP.EXはFPT Japanの約50名の従業員に対して、東京ダイモンオフィスでマインドフルネス実践の日を成功に開催しました。

このワークショップは、タイのプラムヴィレッジ国際禅修センターからきましたPhap Niem師とPhap Nguyen師の2人の僧侶の指導のもと行われました。今回のワークショップに参加したFPT Japanの従業員たちは、マインドフルネスの方法を取得し実践するだけでなく、自己とのつながりや感情知能の実践についての理解を深める体験でもありました。

今回のワークショップには、様々な活動が含まれており、座禅を通じた呼吸のマインドフルネス方法の理解や実践、同僚とのマインドフルな空間での昼食、穏やかなメロディーに合わせて歌を歌い、心を養い、癒すこと、そして芝公園への慎重なウォーキングを行い、自然や自己、そして周囲の生活とのつながりを感じる機会が経験されました。

Phap Niem師はまた、「現在」を豊かに生きるためのメッセージを共有し、自己や自然、人間との調和を取るために現在すでに持っている幸福な条件を認識することの重要性について語りました。このマインドフルネス実践の活動を通じて、参加者は自己や自分の人生、仕事について新たな認識を得ることができました。これらの経験は、長期間にわたるマインドフルネスの実践を追求し、個々の効率や幸福感を向上させるのに役立つでしょう。

最後に、今回のワークショップの体験をより理解するために、参加者の感想を聞いてみましょう。

「私にとって、このワークショップは本当に意義深いものでした。初めて禅に触れたので、とても感動しました。昨晩、家に帰って、子供たちに「私はバラが好き」という歌を聞かせました。子供たちはベトナム語をまだよく理解していませんが、歌のメロディーがとても気に入ったようです。

初めてプラムヴィレッジの尊敬される僧侶に直接会い、自分自身が僧侶から多くのポジティブなエネルギーを受け取り、人生の意味について多くのことを学ぶ機会がありました。主催者に感謝しています。今後もこのようなテーマのプログラムに参加できることを願っています。」

「FJP が常に覚醒した生活を送る人々と接触する機会を提供してくれることに本当に幸運だと感じています。日曜日には禅を体験し、法話を聞き、禅での食事の仕方や禅の歌を学び、芝公園を散歩し、僧侶や皆からのポジティブなエネルギーや色彩を楽しみました。そして何よりも、プラムヴィレッジのティク・ナット・ハンの言葉にあるように、現在を大切にする方法を学びました。

Happiness is here and now

I have dropped my worries

Nowhere to go, nothing to do

No longer in a hurry

幸は 今ここ

悩みは 捨てた

どこにも行かない

急がなくていい

幸は 今ここ

悩みは 捨てた

なんにもしない

急がなくていい

イベントの日は、単なる普通の出会いではなく、意義深い体験であり、FPT Japanの従業員が感情を調和させる方法に触れ、自己と人生についてより深く理解する機会を提供しました。それにより、個々人が忙しい現代社会や情報過多の状況下で、幸せな生き方を選択する方法を学びました。私たちは、個々の幸福が幸せな会社や幸せなコミュニティを作り出すために重要な役割を果たすと信じています。

Phap Niem禅師とPhap Nguyen禅師が、北海道のベトナム人コミュニティに瞑想の実践について共有しました。

著者: FJPer

Related Articles

Mới nhất