24.4 C
New York
火曜日, 7月 16, 2024

Buy now

クロスセールスの協力はFJPに数十億ドルの顧客向けのGlobal IT Infrastructure Due DiligenceとIMSの最初のコンサルティングプロジェクトをもたらしました

4月16日,FJPはK社に対するグローバルITインフラデューデリジェンスサービスのプロバイダーとなり,グローバルITインフラプロフェッショナルサービスおよびAMS/IMSマネージドサービスの提供を進展します。これはFJP BCO、FCJ、FJP FIS IMSの協力による 「甘い果実」であり,FPTグループが2023年から日本で展開しているクロスセリングプログラムに続くものです。

このプロジェクトを勝ち取るために、FJPは非常に強力なインド企業を含む5つのコンサルティング会社やITサービス会社と競争しなければなりませんでした。そこでBCOチームはFCJのコンサルティングチーム、特にFISのインフラストラクチャ専門家と協力し、エンドツーエンドのITサービス提供プラットフォームを強化することで、FPTを顧客にとって最良の選択としました。

デューデリジェンスサービスに関して、FPTチームはK社の日本、フランス、オーストラリアの3か国でのIT運用管理の調査と最適化に関するコンサルティングを行います。現在、チームは3か国で同時にプロジェクトを展開するための計画と最終準備を進めています。

このプロジェクトはFJPとFISの協力関係の成功を示すものであり、日本の大手企業向けにITコンサルティングサービス、グローバルITインフラサービス、AMS・IMSを提供する方向性を継続するものです。
K社は、パルプ&ペーパー業界で100年の歴史を持つグループです。2023年、K社の売上高は50億ドルに達し、世界43カ国と134の都市で事業を展開しています。

2023年9月以降、FSOFTとFISは商品・サービスのクロスセルに関する契約を締結し、2024年2月にFJP(FJP.FIS.IMS)にインフラとIMSに特化したFIS部門を設立しました。これらの活動はグループ全体で収益を上げるための戦略的クロスセリングプログラムの一環です。このプログラムは、FPT、FSOFT、FISの首脳陣がグループのシナジー効果に最大限のコミットメントをしていることを示すものです。これにより、AM/営業スタッフは方針を理解し、FSOFTの顧客向けにFISのコアバリュー商品とサービスを戦略を立案し、クロスセルすることができます。

Related Articles

Mới nhất