24.1 C
New York
月曜日, 7月 15, 2024

Buy now

FPTが日本で初のM&A取引を実施

テクノロジーサービス企業Next Advanced Communications(NAC)は、3月1日からFPTの100%子会社となりました。これは、FPTが世界で最も厳しい市場の1つである日本で初のM&A取引であり、FPTにとって、プレミアムサービス分野で多くの利点をもたらします。

6か月間の調査と交渉の後、FPTとNACのM&A取引が完了しました。NACの買収により、FPTは顧客基盤を倍増させ、プレミアムサービスのポートフォリオを拡大し、日本市場での地位を強化しました。

NACは、日本で中規模のテクノロジーサービス企業で、15年の歴史を持ち、主にマーケティング、コンサルティングサポート、システム設計、開発、運用、および保守などの領域で活動しています。テクノロジーの強みに加えて、NACは200人近い高品質のエンジニアを擁し、その多くはSalesforce、CRMなどで世界トップ40に位置しています。この取引によるリソースの追加により、FPTは2026年までに日本市場で100億円の売上目標に近づき、ここで働く従業員の半数以上が外国人になるでしょう。

NACと同様に、FPTも顧客のさまざまな問題を解決するために技術を活用し、持続可能な社会を作り出す努力をしています。FPTの副社長兼FJPのCEOであるDO VAN KHAC氏は、「私たちは日本の優れたエンジニアチームを育成し、地元企業と協力して、政治的な問題に関係なく顧客のビジネス活動を継続させることを目指しています。また、FPTは常に多文化環境での作業を推進しています。この組み合わせが多くの成功と喜びを生み出すと信じています」と語りました。

NAC 代表取締役の山崎 直人氏は、「FPTに参加することで、成長を維持し、将来に向けた総合的な力を構築するだけでなく、社会に貢献する企業になると確信しています」と強調しました。

日本におけるデジタル転換の課題、例えば人口の高齢化、人材不足、複雑な現行システムなどに直面している中、N.A.Cの買収は、FPTの日本市場への長期的な投資へのコミットメントを示しており、戦略的な投資を通じて競争力を向上させ、さらに新しいサービス領域に展開し、顧客の多様なニーズに対応しています。

FPTの日本での初のM&Aプロジェクトは、FPTのCFOであるNguyen Khai Hoan氏と副CFOであるNguyen Hoang Trung氏が実施したMJSプログラム(M&A、Joint Venture、Strategic Partnership)の支援を受けました。

2014年から現在まで、FPTは米国や欧州で多くのM&A取引を完了しています。日本では、市場の困難さからこれまでに数少ない取引となりました。したがって、日本での初のM&A取引の成功は、FPTの重要な市場への強力で持続的な投資へのコミットメントを示し、今後もM&A活動を強化する契機となります。

これまで、FPTはKonica MinoltaとLTSとの2つのJV(Join Venture)取引や成功した投資を日本で行っています。

FPT Japan(FJP)の存在で20年近くの歴史を持つFPTは、日本で最大の外国直接投資企業の1つです。

Thanh Nga

Related Articles

Mới nhất