20.3 C
New York
日曜日, 4月 14, 2024

Buy now

FJPの取締役会が、オンサイターとその家族が日本に移住することを支援するための方針について質疑応答

キャリアアップの機会と生活安定化の政策は、オンサイト担当者にとって新しい職場に移動した際に最も懸念する問題です。 この内容は、3月18日に開催されるオープントークプログラム「Go Japan」において、FPTジャパン(FJP)の取締役会が共有・回答するメインテーマとなります。

本オープントークは、FJPグループと各地域グループで17時から17時45分(JPT)にオンラインにて公開されます。初回のオープントークのプログラムはハノイを本拠点として働いているメンバーを対象者とします。

本プログラムでは、FJPの取締役会が、長期のオンサイトメンバーに対するキャリアアップの機会とサポートポリシーについて共有します。日本に現在常駐している「実在の人物」が登場し、FSOFTerに対してより新天地の状況を把握できるための多様な情報を提供します。

これより、FSOFTerからの本テーマに関する質問の受付が開始されます。本プログラムの実行委員会にとって選らばれた最良トップ5問はそれぞれ賞金2千円を受け取ることができます。

2022年には、FJPは売上が$300Mで、3年間連続で成長率30%を実現するというFJP 333の目標を設定しました。この目標を達成するために、FJPは約550人の従業員を新規採用する必要があります。今後3年間で日本語のネイティブスピーカーの割合を12%から30%に増やすために、日本人の経営専門家を追加することに加えて、FJPはベトナムからハイレベルのSE(ソフトウェアエンジニア)を連れてくることも強化し、クラウドや上流工程の基本設計やデータエンジニア等の分野におけるハイレベルSE 1,000名のプログラムを構築する必要もあります。

自分のスキルや能力に自信を持つFSOFTerであれば、誰でも応募できます。日本国内企業と比べて、FJPは競争力のある収入パッケージ、従業員とその親戚のためのサポート・トレーニングに関する政策・方針において、多くのメリットがあります。FJPの良い評判のおかげで、日本に定住したい従業員が、勤続3年後に家を買うのに十分な条件等も揃っています。

Related Articles

Mới nhất