20.3 C
New York
日曜日, 4月 14, 2024

Buy now

GHCは2022~2023年に2倍の成長を目指

Covid-19は多くの産業に停滞を及ぼしたが、ヘルスケア分野には急成長へのテコ入れをもたらしました。ヘルスケアのソフトウェア製品を専門とするGHCは、当部門と会社の発展を促進するために共通のコンテキストを利用して、戦略的なステップを準備しました。

Gartnerのレポートによると、2022年には、ITサービスヘルスケア市場は8.83%成長するということです。これは、グローバルIT企業が投資および発展するための重要な成長数値です。日本では、ITサービス市場は年間平均的に6.1%成長しております。

この画期的な瞬間を「歓迎」するために、GHCは、従来のヘルスケアセグメントを引き続き推進すると同時に、ライフサイエンス、製薬、ヘルスケア保険という3つの新しいセグメントを追求していく予定です。

GHC のディレクターであるLe Thanh Hai氏は、コアサービスとして、当部門がクラウド上の医療ソリューションとAMSレベル2のステップアップに焦点を当てると述べました。現在、GHCはオリンパス、テルモ、富士フイルム、日立、シスメックス、コニカミノルタヘルスケア、日機装などと言った日本のTOP10医療メーカーの7社と取引をしています。GHCはこれらのTOPの顧客に対し、クラウドサービスとAMSサービスの開拓・拡大に集中して行きます。

「GHCは、クラウドサービスとAMSサービスの2つのコアサービスに焦点を当て、FSOFT及びFJPにコミットするKPIである成長率50%を必ず達成させます。そうすることで、CがFJP 333目標の7%を貢献するということになる」と、Hai氏が強調しました。

GHC(Global Healthcare Solution)は、ヘルスケアのソフトウェア製品に特化した部門です。 GHCチームメンバーのほとんどは、忠実な顧客である常陸メディコ・日立アロカとのプロジェクトを数多く経験してきたメンバーです。GHC体制として、オンサイト65名とオフショア800名は、FSOFT全体のヘルスケアのコアチームとなっています。

Related Articles

Mới nhất