8.2 C
New York
金曜日, 4月 19, 2024

Buy now

FJPは能力を見せながら顧客様の考え方を変えました

プロジェクト展開期間中顧客からの警告があったほど多くの問題や大変なことが発生しました。しかしながら、両側のチームは正直に相談し、徹底に問題を分析して解決方法を提案し顧客から信頼を高めてきました。

新型コロナ禍で経営結果は悪く影響を受けて2020年3四半期でお客様は国内のベンダーを優先しました。この前顧客は大きな規模のあるHTLMマイグレーション、モバイルのプロジェクトがありますが2020年9月まですべてFPTに委託しました。

6カ月後お客様は2021年1月からGCPクラウド基盤においてデータプラットフォームを立ち上がるためテクニカルラブの設定を決めました。

エキサイティングな提案ですが新しいことがたくさんありました。重要なBrSEの役割があるMotokoshiさんは日系企業での15年経験をもって2021年4月に入社してからすぐに同プロジェクトに参加しました。

オフショアチームはテクニックが得意ですが日本の顧客と仕事した経験はまだ少ないし相当の経験しか持っていませんでした。さらに、テクニックコンサルタントベンダーにもお願いしているのでお互いに協力が必要でした。

2021年3月末に第一のフェーズが終わりましたがペンディングの項目があって、顧客に対して迷惑をかけた部分まで残っていました。

3月~6月の第2フェーズは第一のフェーズの問題を徹底に改善するためFJPはセニアのメンバーにサポートしてもらいました。それでも7月の頭に第二のフェーズは終わりましたが顧客の期待の通りになりませんでした。商品の品質やフォローアップやコミュニケーションの問題はたくさんありプロジェクトの問題はよく見えていました。

DLG&GAM VN DTIの役員は一緒に相談しチームと原因を分析して2021年の第3四半期・第3フェーズでは必ず顧客と協力してどうしても改善を約束します。原因についてはFPTもIからもありました。

第3フェーズに入って両者は正直に相談し、本プロジェクトを成功させるためFPTもIも考え方を変えなければなりません。よって、解決方法としてはタイムライン再設定、依頼書/スプリントプランニングを立ち上げるのに集中しました。

両側の各チャネルを通してコミュニケーションを強化し、スプリントの商品・依頼書の管理、規則を厳しく守っています。

3カ月後変更を目指してから第3フェーズが終わり顧客はFPTからの改善を喜んでCSSの97,54を採点しました。チームのアクションは顧客の信頼を高めて今後の協力機械を見えてきました。

この結果は9カ月でお客様とFPTの努力があり新しいチーム、FJPの新モデルとオフショアチームなどもありました。

Related Articles

Mới nhất