20.3 C
New York
月曜日, 4月 15, 2024

Buy now

FJPは「多様な価値観を持った人材を受け入れる企業風土づくり」を目指しています。

多様性という言葉が社会で言及されたのはここ数年のことです。 「多様性」という言葉はかなりホットな問題であり、特に大企業や多国籍企業でますます注目を集めていると言えます。 この問題の背景は主に2つの主な要因です。外国人労働者の需要の増加につながる労働力の減少とグローバル化への市場の変化と外国人労働者の需要の多様化消費者の需要です。

職場での多様性により生産性・創造性・革新性が向上します

個人差が尊重される環境では従業員はより快適で幸せに感じるので、自由に創造性を試すことができます…つまりパフォーマンスが向上します。 異なる文化・知識・スキルを持つ多様な労働力は企業に創造性と革新をもたらすのに役立ちます。 すべての問題やタスクはさまざまなレベルと視点で真剣に検討されます。 同時に多様な労働力の経験は企業が顧客、特に顧客のニーズを理解するのに役立つ基盤でもあります。

無意識の偏見に対して

無意識の偏見に対して、人々はしばしば無意識の偏見を持っています。例えば人種・国・性別…そしてこれらの固定観念は時に、最高の人材の採用を妨げます。 多様な個人や集団を持つ企業はこの問題を効果的に回避するのに役立ちます。

雇用主のブランドとグローバルな評判を向上させ、それによって才能を引き付け、維持するのに役立ちます。

デロイトによると、今日の世代は多様な労働力のニーズを理解している企業に長くとどまる傾向があります。 多様な労働力を作ろうとすると、あなたの会社は求職者や現在の従業員にとってより魅力的なものになります。 このアプローチを採用する組織は社会的責任があると見なされ、評判が高くなります。

性別、文化、宗教と信念、働き方などは企業で認識され動機付けられているさまざまな要因があります。特に懸念される2つの問題が、LGBTと文化の多様性です。

コンテンツ1:LGBT

LGBTは性的指向、性同一性、性表現、性的魅力に基づいて人間の文化の多様性を示しています。

コンテンツ2:文化の多様性

「文化」とは、メンバーが世界をどのように見たり理解したりするかを形作る共通の特徴を持つグループまたはコミュニティを指します。一人は多くの文化に属することができます。個人ごとにグローバルな考え方と思考は尊重、共感、開放性です。文化の違いを尊重し、文化の違いによって引き起こされる違いや障壁を理解して共感し、最終的には文化の違いを受け入れ、学ぶ準備をします。他の文化についてもっと理解します。

Related Articles

Mới nhất