22.9 C
New York
月曜日, 7月 22, 2024

Buy now

FJPのグローバル国籍の従業員たちは、「Go Vietnam」の旅を体験

7月1日から7月6日まで、24人のグローバル国籍のメンバーがベトナムの文化を体験しています。彼らはFPTを訪れ、トランクオック寺、ホーチミン廟、文廟(ベトナムの古代大学)、ハノイのセント・ジョセフ大聖堂など、多くの有名な観光地を訪れています。

「Go Vietnam」プログラムでは、FJP北海道のKanji Sone氏は、至る所にあるFPTの看板を通じてFPTの有名さを感じています。彼はFPTタワーでFSOFTのチュ・タイン・ハー会長と面会し、ハー会長からの贈り物を受け取ることができたので大変喜んでいます。また、夜の散歩を通じてベトナムの活気とパワーを感じました。

「歩行者は少なかったですが、道路には多くのオートバイや車が走っており、建物の装飾灯がとても美しかったです。日本とは異なり、街には多くの子供がいて、子供服を売る店も多く、それが私に強い印象を与えました。ここでの活気と勢いを感じます。訪問の残りの日々を楽しみにしています」とKanji Sone氏は述べています。

初めてベトナムを訪れたLi Yajie氏は、フォーが大好きだそうです。彼女は「Go Vietnam」の旅が、異なる部門の人々とつながるために非常に有益だったと感じています。ハノイのバスツアーは、ベトナムの歴史と文化に関する深い印象を与えました。

『Go Vietnam』で一番好きなのは、普段あまり交流する機会がない異なる部門や支店の人々とつながることができることです。ガイドの説明を聞きながら、街の全景を見ることで、ベトナムの歴史と文化についてより深く理解することができました」とLi Yajie氏は語っています。

「Go Vietnam」は、FJPのダイバーシティ委員会が管理部門と協力して企画しています。このプログラムの目標は、グローバル国籍の従業員がFPTの同僚の職場を訪れ、ベトナムと日本の文化の親しみを深めることです。

Related Articles

Mới nhất