24.4 C
New York
火曜日, 7月 16, 2024

Buy now

FJP沖縄にいる囲碁棋士の大きな大会を制覇する旅

FJPというプログラミングが溢れる世界の中で、Kinjo Nobuhikoさんが有名である理由はテック分野での能力だけではありません。それは囲碁で素晴らしい大会の戦績を残していることです。少年の頃から囲碁にはまり、今ではその情熱によりアマチュアの囲碁大会で誇り高い成功を収めています。

Kinjoさんは2022年6月にFJPに正式に入社しました。「私がFPTを選んだ理由はソフトウェア開発の分野で何か仕事がしたかったからです。」と本人は語っています。

現在Kinjoさんは創造力や忍耐力が求められるJavaについてのプロジェクトに関わっており、その資質が彼を仕事でも囲碁でも成功させた要因の一つです。

Kinjoさんにとっての囲碁との縁をさかのぼるとそれは15歳の時になります。当時有名な囲碁漫画「ヒカルの碁」を読み、主人公ヒカルに憧れ囲碁を始めたのがきっかけです。

沖縄でのKinjoさんの囲碁大会のここまでの道のりには輝かしい戦績があります。というのも沖縄で行われた以下に記載している大会で勝利を収めているからです。朝日アマ囲碁名人戦(沖縄大会2023)、朝日アマ囲碁名人戦(沖縄大会2024)、アマチュア本因坊戦(沖縄大会2024)。Kinjoさんにとって忘れがたい思い出は30歳の時に沖縄大会で初めて勝利を収めたことです。20歳から大会には参加していましたが、ようやく勝てるようになるにはそこから10年かけなくてはなりませんでした。忍耐と決心と学びをやめない姿勢が挑戦を乗り越えさせ勝利に結びつきました。

現在Kinjoさんはそこにとどまらず、まもなく東京で開催される全国大会への準備をしています。東京では7月に朝日アマ囲碁名人戦全国大会があり、8月にアマチュア本因坊戦全国大会があります。この重要な大会への準備のためにKinjoさんはクラブに参加して、また休日には小さな大会に参加して技術と戦術を高めています。

Kinjoさんのこのストーリーは情熱と忍耐の融合を体現している生きた証明といえます。なぜなら囲碁にはまるプログラマーから、アマチュアの大会で誇らしい戦績を残す素晴らしいプレイヤーになったからです。

Related Articles

Mới nhất