24.1 C
New York
月曜日, 7月 15, 2024

Buy now

FJPは三田オフィスへの従業員の移動計画を立てています

今年6月、SSC部署は書類や従業員をFJPの新しい三田オフィスに移転します。同時に大門オフィス6階の職場もリニューアルし、ここに働く従業員のために最高の働きやすい環境を目指します。

SSC部署によると、管理・人材管理本部、営業本部、DXG、FCJの一部やデリバリーマネージャーの約500名の従業員が新オフィスに移転します。移転日程は2回に分けて実施します。第一回目は 6 月 22 日に各部門から文書が転送されます。第二回目の6月28日には、従業員の500名が三田に移転します。

三田オフィスは(〒108-0073) 東京都港区三田3丁目5−19 住友不動産東京三田ガーデンタワー 33Fにあり、7月1日よりグランドオープンします。オープン後はFPTジャパンの本社となります。現在の大門オフィスは製造本部などの座席要望に応えます。

三田の総床面積は約 3,000 平方メートルで、従業員数は約 500 名で、最新で高級な設備が備わっています。東京都心部のA級ビルの33階という絶好のロケーションにある三田オフィスはアクセス交通の便が良いだけでなく、透明なガラス越しに東京を一望できる「100万ドルビュー」も魅力の場所です。受付からは富士山が見え、一部のお部屋からは東京タワーが見えます。

新オフィスに移転の実施にあたり、SSC部署は6月5日から28日までの期間、従業員に三田オフィスアクセスカードを配布します。6月27~28日、三田に移転する従業員は大門オフィスアクセスカードを返却、また新オフィスにてのレイアウト確認、位置確認、新席の安定を経て、7月1日から正式に勤務する予定です。

従業員の三田への移転に伴い、デリバリー部門のために良い職場スペ〜を提供するように大門オフィスも改装されます。具体的には、7月3日から7月15日まで大門6階の改修工事を行います。この間、従業員はレイアウトに基づき9階・10階へ一時的に移動します。7月16日より新レイアウトに合わせて社員の席を変更します。

大門オフィスは2015年から5階、6階、9階、10階で稼働しています。2023年3月には、FJPは東京の住友不動産ランドマークプラザビルの1階と2階に製造本部専用のオフィスを拡張し続けました。今年、三田オフィスを追加することで、FJP は規模と人材の成長の要望に応えることができました。 2024 年末までに、FJP は日本全国で 3999 名の従業員が働くことと予想されます。

SSC部署は、三田 ビルへの移動に関する指示は次回の発表で更新されると述べました。

Related Articles

Mới nhất