22.9 C
New York
月曜日, 7月 22, 2024

Buy now

日本の従業員が「准PRプランナー」資格検定を取得しました。

FPTジャパン LDI部に所属している坂田 慎太郎氏が、5月中旬に実施されたPRプランナー資格認定検定「准PRプランナー」資格を取得しました。
FJPに8年間在籍し、ベトナム語クラブの現会長を務める坂田 信太郎氏は、日本の人々にFPTとベトナムのことをもっと知ってもらいたいという願いを込めて、日々の業務に力を入れています。そのため、ベトナム語検定レベル4を取得した後、引き続き最高レベルの広報・PR実務に必要な専門知識検定試験を受けました。
2022 年にPRプランナー資格認定検定試験に挑戦し、「PRプランナー補」を取得した坂田氏は、仕事や子育てとの兼ね合いで学習時間を調整するのが大変で今度の「准PRプランナー」が簡単ではないと考えました。「今年の3月頃から試験勉強を始めました。仕事や家庭で忙しい中でも、ブランディングを含めた広報や「PR」についての勉強に時間を割くようにしています。これはとても役立っていると思います」と話しました。
さらに坂田氏は、この「准PRプランナー」という資格が人脈広げに適用できるだけでなく、資格取得された者に経営コミュニケーション戦略、コンプライアンス、IR、危機管理、マーケティングコミュニケーション、ブランド管理などの企業経営の基本原則に精通していることにも役立つと言いました。
6月末にPRプランナー資格認定検定試験の「准PRプランナー」合格通知が坂田氏に交付される予定です。

PRプランナー資格認定制度は、2007年に日本パブリックリレーションズ協会が設立した日本で唯一の広報・PR資格認定制度であり、総合的な基本知識を問う1次試験、専門領域別に知識を問う2次試験、実務的な企画力を問う3次試験の3段階で構成されています。さらに、試験を通して体系的に “パブリックリレーションズ” を履修できる内容となっており、レベルに応じ「PRプランナー補」「准PRプランナー」「PRプランナー」の資格を認定しています。

Related Articles

Mới nhất