24.1 C
New York
月曜日, 7月 15, 2024

Buy now

FJPは日本の証券取引所におけるTop 100 IT企業の位置を測定

FJP CEO のド ヴァン カック氏は、ウェブサイト https://ggykai-search.com の証券取引所に上場している 100 社のリストに基づいて、FJP の立場を「テスト」しました。結果は、FJP が目覚ましい成長率を示していることを示しています。

2024年にFJPは699億円、 OKRは735億円の収益目標を掲げています。現状に応じて目標をそれぞれ718億円、OKRを777億円に調整しました。この数字により、FJPは同業種上場企業100社ランキングにおいて、売上高でトップ20位以内、FTE(従業員規模)でトップ15位以内、利益でトップ15位以内に入ることが予想されます。

約40%/年で成長する勢いを受け、2025年までにFJPの収益は1026億円に達すると推定され、2027年までに10億ドルを目指します。この結果を上記のリストと比較しますと、2027年にはFJPは売上高でトップ15に入り、人員規模では日本のトップ10に入ることが予想されます。

同様に、FJPは2030年までに、SCSK、 TIS、 NEC、 NTTなどの大手企業と同じレベルで、売上高のトップ10、利益のトップ10に「ランクアップ」することになります。

これらの望ましい成績を達成する前に、FJP CEO のド ヴァン カック氏 は「すべての FJP 従業員が貢献し、2030 年までにこの達成を目撃できるようにしたい」と願いを述べました。カック氏はまた、各個人の成功は常に会社の成功に結びつき、比例していると強調しました。

今年の最初の 4 ヵ月の終わりに、FJP は 1 億 5,210 万米ドルの収益を達成しました。これは、日本円で 45%、米ドルで 31.2% の成長に相当します。FJPは 85 社の顧客との値上げプログラムの実施に成功し、31 社の新規顧客と契約を締結し、32 件のメガディールの機会を獲得しました。 S1終了までにFJPは2億3,300万ドルに達し、円ベースで42%増加し、計画を5%上回ると予想されています。円安にも関わらず、FJP は今年末までに 30.5% 増に相当する 5 億 100 万ドルの収益を上げ、1.0 目標を達成することを決意しています。

また、2024 年の初めに、FJP はコニカミノルタ株式会社と合弁、NACとのM&Aの完了、中国・大連市でのオフィスオープンニングなどの戦略的ビジネス取引を成功裏に実行しました。 人材リソースに関しては、FJP は現在 3,555 人の従業員を擁し、そのうち世界24 ヵ国からの 1,365 人の従業員が働いています。

Related Articles

Mới nhất