25.7 C
New York
火曜日, 6月 18, 2024

Buy now

ミスFJP2019のNgo Thu Huyen氏が、在九州ベトナム情報技術協会(VITAK)の会長に就任

5月20日、在福岡ベトナム総領事館でVITAK(九州ベトナム情報技術協会)のデビューが行われました。同協会は、当初は九州地方を中心に、ベトナムと日本のIT分野におけるビジネス協力を促進する架け橋となることが期待されています。

VITAKの開所式には、在福岡ベトナム総領事館のVu Chi Mai氏をはじめ、在福岡ベトナム人協会、在九州ベトナム企業貿易投資促進協会、日越専門家協会(VJS)、リッケイジャパン、VTIジャパン、VMOジャパン、テックビファイジャパン、ファビージャパンなど、IT分野で活躍するベトナムと日本の企業の代表者が出席しました。

同協会は、会員間の協力と相互支援を強化し、ベトナムのソフトウェア産業とITサービスの発展を、当初は九州から、最終的には国内全地域に拡大することをさらに促進することが期待されています。

VITAKの会長のNgo Thu Huyen氏は、情報技術分野における日本とベトナムの協力と発展、そしてベトナムの社会経済発展に可能な限り貢献することに向けて実質的な活動に焦点を当てると断言しました。

現在、日本全体、特に九州地域では、IT分野の需要は非常に大いに求められているが、その要件を満たす資格のある技術者は相対的に不足しています。この分野では、ベトナムが一定の強みを持っています。

日本の開発拠点の一つとして位置づけられている福岡県は、「国際都市」となるために、半導体、AI、水素技術などの分野を推進する重要な経済政策を展開しています。これは、ベトナムのIT企業が自らの強みを発揮し、協力の可能性を最大限に引き出し、福岡県や九州地域の経済社会発展プログラムにさらに積極的に参加するための大きな機会となります。

Related Articles

Mới nhất