25.7 C
New York
火曜日, 6月 18, 2024

Buy now

大連オフィスにおけるSalesforce分野を強化

先週末、FSOFT大連がSalesforceをテーマとしたOpen Dayを開催しました。このイベントはFPTが顧客のシステムのマネージメントを行うにあたりその分野のリソース補充をするものと期待されていました。

今回のOpen Dayは4月にはSAP、Dynamicをテーマとして主催されたイベントプログラムの第2弾です。IBMやアクセンチュア大連といった大企業で10年以上の経験を持ったプロフェッショナル20名が参加している中で、FSOFT大連は応募者をひきつけるためにこの分野でのリソースの必要性及び会社の能力やサービスを共有しました。

FSOFT大連のプロデュースマネージャーであるグェン・ドゥック・ビンさんによると、今回SalesforceをOpen Dayのテーマとして選んだ理由はFJPが日本でSalesforceについて大きな必要性を感じているためです。

プロフェッショナルなチームを強化することのほかにも、FJPはこの分野においてもハイクオリティで経験豊富な人材チームの創設と強化をする方針をしています。そのためOpen Dayはこの目標を達成することを目的に開催されました。予想では、2024年中にFSOFT大連はおおよそ50人の社員のSalesforceチームを構築します。

FPTは3/13に正式に大連オフィスを開設しました。現在オフィスには15人の社員がおりその中の12人がグローバル社員です。

Related Articles

Mới nhất