17.2 C
New York
木曜日, 6月 13, 2024

Buy now

FPT会長がFPT Japan社員に3つの重要な内容を共有

チュオン・ザー・ビン氏はAI、半導体、自動車に関するテクノロジーの進化についてFJPメンバーと共有しました。ビン会長は日本出張中の5月13日午後、FJP従業員と交流し、たくさん会話をしました。

ビン氏は、FJPの規模の拡大と人材の発展を目の当たりにし、従業員100万人というFPTの目標に貢献するためのFJP経営陣と各メンバーの努力に対し、感謝の意を表しました。

ビン氏は、誰にとっても幸福と健康が最も重要であると語りました。したがって、彼は従業員に、幸福感をもたらすホルモンであるドーパミンをより多く生成するよう熱心に運動するよう奨励しました。それによって、FJP には、積極的に運動した従業員に対する月次報酬の仕組みも必要です。さらに、ビン氏は従業員が快適な気分を生み出し、ストレスを軽減するために、勤務時間の合間に運動するなどのハッピーブレック(体操時間)を導入することを望んでいます。

今回の出張でビン氏は多くの自動車産業の顧客やOEMと面会を行い、自動車、AI、半導体業界の将来とビジネスの可能性について話し合いました。 FJPは、人類にとって歴史的なキーワードである「Tuệ Bán Xe Số Xanh」(要するに、Tuệ=人工知能、Bán=半導体、Xe=自動車、Số=デジタルトランフォーメーション、Xanh=グリーントランフォーメーション)という5つのキーワードをビン会長が共有する最初のOBとなります。

現在、FPTは人工知能、半導体、自動車の3つの主要なテクノロジー分野に焦点を当てています。人工知能に関しては、FPTは IBMおよびMetaとのWorld AI Allianceの設立に参加しました。半導体に関しては、FPT Semiconductor社は、7,000 万個のオーダーの商品化チップを設計した最初のベトナム企業です。

自動車テクノロジーにおいて、FPTは4,000人の専門家と多くの大手パートナーからなるチームを所有し、この分野でより多くの専門家やリーダーを育成したいと考えて FPT Automotive社を設立しました。

ビン会長はまた、FPTがNVIDIA社と協力して、研究開発のためにGPU H100を使用したスーパーコンピューター システムを備えたAIファクトリーを設立したことを思い出しました。この工場は、AIの研究開発能力、特に生成AI(GenAI)、自動運転車、グリーントランスフォーメーションの能力を強化します。

最後にビン氏は、FJPの急速な発展と多くの新しいオフィスの開設に感謝の意を表しました。ビン会長はまた、FJPが従業員100万人というFPTグループ目標に貢献し続けるための「未来の種」をさらに多く持つことを期待しています。

Related Articles

Mới nhất