25.7 C
New York
火曜日, 6月 18, 2024

Buy now

FJPは、任命されたマネージャーにM55キャンペーンを展開

2024年には、各FJPマネージャーとリーダーは少なくとも55時間の研修(トレーニング)が必要になります。これはLDI部署が展開するFJPのM55キャンペーンの内容です。

M55 プログラムは 2024 年 1 月に開始され、2024 年 12 月末まで続きます。「Learn to lead, teach to inspire」という目標を掲げ、M55 は自己改善の精神を促進するために、マネージャーのトレーニング時間数 (学習時間と指導時間を含む) を増やすことを目指しています。このキャンペーンにより、各マネージャーは組織内のメンバーを励ます動機とインスピレーションになります。

LDI部の統計によると、2023年にはFJPでのマネージャーグループの平均総訓練時間はオフショアでの訓練時間より短くなっています。多くのマネージャーは、規定の最低学習時間の 50% に達していません。これが、LDI部はFJPが指定したすべてのマネージャーに対してM55キャンペーンを開始する文脈です。

このキャンペーンにより、2024 年には各マネージャーの最低研修時間は 55 時間になります。その場合、すべてのマネージャーが少なくとも 1 つの共有トピックまたはメンバートレーニング が必要です。特に L5 以上のグループの場合、最低 7 時間の指導が必要です。

各マネージャーの目標達成をサポートするために、LDI 部は、「Leadership & Management」や「外国語」という 2 つの主要コースに分けて、適切な学習プログラムを設計しました。各コースは時間ごとに分散し、メールまたはFJPトレーニングセンターグループでお知らせしますので、どなたでもご参加いただけます。

マネージャーの自主トレーニングを奨励しますため、LDI 部は各ステージの表彰も行っています。毎月、四半期ごとに、学習時間と授業時間が最も多かった上位 3 名の方がBOM会議で表彰されます。キャンペーンの終了時には、学習と授業時間の時間が最も多かった上位 3 つのマネージャーが年末のSum-Upで表彰されます。

M55 は、FSOFT 全体、特に FJP を学習組織に構築することを目的として、今年度初めに実施されたFSOFTの「マネージャーのリーダーシップ能力評価プロジェクト」の文脈に基づいて LDI部によって設計されました。このプログラムは FSOFT 会長の Chu Thi Thanh Ha 氏の後援を受けており、適応なOBに推奨されています。

Related Articles

Mới nhất