22.9 C
New York
月曜日, 7月 22, 2024

Buy now

レー・テック・ネン(Lê Téc Nen)氏は、BA・WF部門の従業員と多様性(Diversity)について共有した

4月25日に開催されたトークショーは「多様性 – 挑戦なのか?機会なのか?」というテーマであり、40人以上のFJPの社員が参加しました。 このイベントは、FJPが毎月定期的に開催するBA・Workforce部門向けの勉強会の一環です。

ここで、DLGのディレクターであるレー テック ネン氏は、生活の中で多様性がどれほど重要かを強調しました。 FPTにとって、目標はベトナムでトップの企業になるだけでなく、国境を超えて展開することです。 これを達成するためには、多様性が不可欠だとのことです。

ネン氏によれば、多様性は家族の中にも存在します。 家族は、個々のメンバーに大きな影響を与える場所であり、彼らが最も多くの時間を過ごす場所でもあります。

総じて、人々は異なりますが、組織で働く際には、すべての人が共通の目標に向かっている必要があります。 その中で、多様性の課題は、個々の人が自問することが必要です。「私は何のために生まれたのか? 私はここに何のために来たのか?」

ネン氏は、「人生は川のようなものであり、時には静かに流れることもありますが、私たちが予測できない困難に直面することもありますが、心配しないで、前に進むために信念を持ち続け、困難を乗り越えると、それはより強力な時代になる」と語りました。

BA・Workforceの勉強会は、CPOとCOOによって後援され、毎月定期的に開催されています。 各部門は課題を選択し、情報・知識・経験を共有します。 これは、皆が一緒に昼食をとり、交流し、グローバルな文化を交換する機会でもあります。

Related Articles

Mới nhất