15.6 C
New York
日曜日, 5月 19, 2024

Buy now

FJPの人材管理本部は第1四半期を総括し、優れた社員を称える

4月10日午前、FJPの人材管理本部は東京の大門オフィスで会議を開き、第1四半期の総括、2024年第2四半期の計画を発表しました。

会議では、RA、RD、LDI、HR、FUN、RPP、CSP、wDX、CDなどの各部署が第1四半期の成果を報告しました。FJPは4人の優秀な社員のNguyen Hoai Anh Thuさん(FUN)、Tran Thi Thuy Dieuさん(RD1)、Iijima Shinyaさん(HR)、Wang Xuさん(RD2)を称えました。

FJPの人材管理本部は2025年までに従業員5,000人、そのうち50%をグローバル社員にするという目標を掲げています。最近、FJPは3,500人目の従業員を迎え入れ、近い将来には3,999人に達する予定です。そのうち1,500人がグローバル社員です。さらに、人材管理本部はオフショアと協力し、7,600人を対象に日本語トレーニングプログラムを実施しており、そのうち900人がN3レベル以上に達し、750人が13K5プログラムに参加する予定です。

Trinh Van Thao CPOによると、日本では現在約10万人のITエンジニアが不足しており、2025年には23万人以上、2030年には約59万人が不足すると推定されています。FJPは大連に支社を開設し、日本語研修プログラムや文化交流の取り組みを行っています。さらに、ベトナムと日本は非常に良好な外交関係にあり、両国は長年にわたり戦略的パートナーシップ関係の発展を推進しています。したがって、これはFJPが日本でトップクラスの企業となり、日本とベトナム双方の発展に貢献するチャンスでもあります。

会社のリーダーシップチームは、各メンバーが革新的で創造的であり、FJPの人材管理部門を発展させるために現在のチャンスをつかみ、設定された目標を達成するために努力することを期待しています。

Related Articles

Mới nhất