24.1 C
New York
月曜日, 7月 15, 2024

Buy now

FSOFT全社で日本語学習を推進

FSOFTは2023年から全員が日本語を学ぶのため、「13K5」というプログラムを開始しています。ただ、深い学習と認定を目指す目標はまだ達成されていません。そのため、FSOFTの会長であるCHU THI THANH HAは、「13K5」のプログラムがFSOFT内で日本語学習の動きを維持し、2025年までに各FSOFT社員が少なくとも2つの外国語を持つことを期待しています。

4月8日の朝、FSOFTは「13K5」のプログラムの第2段階のキックオフを開催しました。このイベントには、FSOFTの会長、CEOのDO VAN KHAC、LTIの役員、および関連する他の関係者が参加しました。

HA氏は、日本語学習の動きが2023年からFSOFTによって開始され、初期の成果を収めたと認めました。しかし、第2段階は学習の継続性を維持する必要があるため、より困難だと考えています。HA氏は、LTIが適切で魅力的なプログラムを設計するだけでなく、今年中にN3、N2、およびN1の認定を持つ従業員に対して賞金を提案しています。

また、大連での出張後、FSOFTの会長は、そこでの日本語を話すエンジニアのリソースが非常に大きいことを認識しました。FSOFTは、そうした日本語学習方法を調査し、運用できるようにします。

日本市場の大きな機会に対して、FJPのCEOであるDO VAN KHACは、日本語の教育は特にFJPにとって非常に重要であり、良い人材を増やす必要であると断言しています。13K5の数字を見ると、学習者の数は増えていますが、認定の数はまだ十分ではありません。彼は将来、より多くの学生がより高いレベルで学び、FSUが登録し、より深く学ぶことを期待しています。特に、コミュニティを活性化し、自己学習能力を向上させるために、トレンドを作り出す必要があると話しました。

“優秀な学生にはゴールドのボーナスを提供するだけでなく、日本に渡る可能性のあるN3のトップ2%の学生には日本文化の体験プログラムを提供したり、オフショアで日本文化や料理を学ぶプログラムを拡充することができるでしょう。”とKHAC氏は語りました。

13K5は、FSOFTが2027年までに13,500人の日本語を話すエンジニアを持つことを目指す日本語トレーニングプログラムです。

FSJPのリソースを確保し、13K5プログラムを担当するFJPマネージャーであるPHAM DUC MANHは、FSOFTが2023年4月から2024年3月までの13K5のGO MASS段階を展開し、3,000人の社員が日本語N4・N5レベルを学び、500人の社員がN3レベルを達成したと話しました。

2024年3月までの統計によると、FSOFT全社で11,310人が日本市場向けに働いており、そのうち7,465人がオフショアでN5からN1レベルを持つ日本語を話すエンジニア(JSE)です。日本市場との取引先の中で、JSEの割合は66%です。第2段階に進むにあたり、今年はさらに1,300人のエンジニアがN4を達成し、750人がN3を達成し、398人がN2を持つことを目指しています。

13K5は日本語教育のプログラムだけでなく、FSOFT全社のスキル向上とビジネス指向も含め、FJP、FSU、およびLTIの協力が非常に重要です。

FSOFTのトレーニングアカデミーディレクターであるDANG KHAI HOANは、内部の学生が適切なトレーニングプログラムを受けるために、対象グループに分けられていると話しました。LTIは、部門の学生を積極的に促進するために、定期的にFSUに報告しています。

今年の13K5プログラムの新しいポイントは、主要な内容に加えて、Nihongo4ITプログラムを強化し、会話クラスと呼ばれる柔軟な短いレッスンを通じたコミュニケーションを強化することです。このクラスには2〜3人のトレーニーと1人のトレーナーが参加します。

現時点で、FJPとの連携に加えて、日本人教師をベトナムに招聘して授業を行うために、FJA(FJP日本語学校)とも協力しています。

第2段階では、13K5は「深い」学習に焦点を当てます。したがって、プログラムは50%の学生がより高いレベルのコースを受講することを期待しています。

この機会に、FSOFTは第1段階で優れた日本語学習活動を行ったトップ3の部門であるFI、FHM、FSGを称えました。

FHMの社長であるVO THI BICH HANHによると、日本語の学習をトレンドにするには、管理者自身が学習に参加することが必要です。FHMは、各社員が少なくとも2つの外国語を持つことを要求しています。これはFSOFT会長 CHU THI THANH HAにFSOFTで2025年に適用することを強調されました。

Related Articles

Mới nhất