17.2 C
New York
木曜日, 6月 13, 2024

Buy now

沖縄にいるFJPerは津波警報に対して安全です。

予想される津波の高さは30センチから1メートルです。安全性の評価とFNS社のオフィスの高さに基づいて、社員はオフィスに戻り、必要に応じてテレビ、ラジオのニュース、県委員会および建物管理者の指示を継続的に監視して対応します。

現時点では、FPT Nearshore Okinawaの従業員は、津波に関する津波警報が解除された後、オフィスに戻っています。

これに先立ち、台湾の花蓮県外海で今朝7.4の地震が発生し、日本とフィリピンが津波警報を発令しました。情報が入るとすぐに、沖縄の地域住民に高地への避難、家から出ないように、および海岸に近づかないようにとの通知が行われました。

FJPの緊急対策本部(FET)は沖縄の従業員と連絡を取り、支援を提供しました。FJPは沖縄の従業員と積極的に連絡を取り、状況を把握し、同時に来日したばかりの従業員を安心させました。

「沖縄の津波警報ですが、オフィス内外共に問題が発生している雰囲気ではないので、大丈夫です。」とりょうさんが語りました。

また、NGUYEN DUY DUCさんも「皆さん、安全です。普通に仕事をしています」と情報を提供しました。

日本NHKテレビは、各県の人々に海岸から遠ざかり、津波を見に行かないよう呼びかけています。

FJPには現在3600人以上の従業員がいます。会社は毎年、従業員向けに災害対策活動を実施しています。

Related Articles

Mới nhất