24.4 C
New York
火曜日, 7月 16, 2024

Buy now

FJPは社内アプリケーションでのSSO認証システムの展開を行います

4月8日より、FJPの従業員は初回ログイン(Single Sign On – SSO)だけで、再ログインすることなしに許可されたすべてのアプリケーションやサービスにアクセスできることになります。

SSOが適用されている内部アプリケーションシステムには、Employee portal、MBRS、およびMyKintaiが含まれます。

このアプリケーションの改善を実施する部署であるFSTの代表によると、SSOがユーザーが初回ログインだけで複数のアプリケーションやサービスにアクセスできるため、便利で時間を節約できると発表しました。同時に、SSOは、パスワードを忘れたりログインに問題が発生したりするユーザーのサポートリクエストの回数を減らし、技術サポートコストを削減するのに役立ちます。

また、SSOは2要素認証機構と組み合わせることでセキュリティを強化し、ユーザーがパスワードを覚えてしまう機能を使用したり、複数回のパスワード入力を行うことによる情報漏えいのリスクを減らすのに役立ちます。

管理を確実にするために、FJPerは、IT側からのセキュリティ要件に従って、サーバーへのアクセスを確保するために、パスワードを完全かつ適切に更新する必要があります。

Related Articles

Mới nhất