22.9 C
New York
月曜日, 7月 22, 2024

Buy now

[Top 100 FPT 2023] Phan Quoc Phuong – 金融保険業界の「リーダー」

FPTジャパンの保険ファイナンスサービス開発事業本部長(FJP IFS、FPTソフトウェア傘下)のPhan Quoc Phuong氏が、同部門の売上目標を2,000万ドルに設定し、2022年の売上を倍増させるという「大胆な」目標を立てました。才能と決断力により、Phuong氏はIFSを計画を上回る成長に導くことができました。

WebInputプロジェクトの「救済」に成功し、クライアントの信頼を取り戻した同社は、新たなプロジェクトの受注を依頼されました。Phuong氏は数十億ドル規模の別の「巨大」プロジェクトのコーディネートを任されることになりました。これは複雑な固定価格(パッケージ)プロジェクトで、FPTソフトウェアが顧客サポートから要件定義、ソフトウェア設計、開発まですべてを請け負います。

2023年、このプロジェクトは品質検証段階に入り、約400人のベトナムと日本の関係者が参加しました。これが難しいプロジェクトであることを認識したFPTソフトウェアとFPTジャパンのリーダーシップチームは、プロジェクトに最も適した「戦士」を動員することで合意しました。

これは初めての「ボス」ばかりが参加するプロジェクトでした。 5つの製造部門とOB(海外支社)からリソースを動員し、リーダーシップや直接的な管理者が「戦場」に出て、仲間たちと共に働きました。 数年にわたるさまざまな役割での職務経験を活かし、Phuong氏は貴重な経験を巧みに柔軟に活用し、顧客がFPTソフトウェアと円滑に協力できるように支援することで、プロジェクトに良い条件を提供した。

このプロジェクトでは、大規模な急速な動員が最も困難な課題でした。ベトナムのプロジェクトマネージャー(PM)が毎月数百人のメンバーを面接して採用しなければならない時期もありました。これに対して、Phuong氏は各部門の強みを生かすことで、品質と生産性の問題を解決することに特化しました。標準的なプロジェクト・プロセスを満たすためのプロジェクト管理・運営活動に重点を置いていた。そして、EVM(アーンド・バリュー・マネジメント)を使って進捗状況を数値化し、指標を測定するだけでなく、社内コミュニケーションの質を向上させ、スタッフによる短期訪問を調整して新たな問題への対応を迅速化し、プロジェクトの安定的な運営を支援していました。

チームワークと団結の精神により、プロジェクトチームは、FPTが顧客に約束した主要なプロジェクトのマイルストーンを守りながら、設計から開発まで約3,000MM(人月)の作業量を実行しました。このプロジェクトはFPTの能力と評判を確認しただけでなく、社内では、次の主要プロジェクトで高度な設計と展開を行う準備が整った、豊富な経験を持つ100人近くの「苦労人」社員からなるチームを「発足」させることにもつながりました。「すべての成果は多くの感情を伴い、貴重なものですが、プロジェクトチーム全体が共に困難を乗り越え、共に成長したという事実こそが、私にとって最も誇らしいことです」とPhuong氏は語りました。

2016年にFPTジャパンに入社したPhuong氏は、日本で金融・保険業界において「垣根を破る」存在として知られ、この分野における人材と専門知識を備えたチームの構築に大きく貢献しました。それ以来、彼はデリバリーマネージャー(DM)、プリセールス、FSGジャパンの責任者、そして、現在はFJP IFSの責任者を務めています。

彼の一日は、ミーティング、顧客訪問、Eメールのチェック、同僚との打ち合わせなどですごく忙しいです。しかし、Phuong氏は、同僚を理解し、彼ら全員とつながるために、同僚と話す時間を取ることにとても気を配っています。「私は人々を結びつけ、FPTソフトウェアとお客様をつなぐ架け橋、接着剤になりたい。」と彼は述べています。

私にとってFPTは運命なのです。彼を「結びつける」ものは、友好的で情熱的で、独自で公平な文化です。特にFPT、FPTジャパンでは、創造性と自己開発に限界はありません。

自分が設定した目標に従ってすべてをやり遂げることを常に意識しています。仕事においても人生においても、、自己向上のために学び続ける覚悟があります。「私は常に先輩の背中を見て、周りの人を尊敬し、より良くなるために日々努力しています。自分が受けたいものを返すべきだと思うから」とと述べています。

2024年、FPTジャパンは、FPTソフトウェアの5ギガ目標に貢献するため、750億円という挑戦的なOKR目標を設定しました。共通の目標に力を注ぐだけでなく、Phuong氏は2つの目標を達成することを目指しています。それは、現在のスーパープロジェクトのフェーズ1を完了させ、2024年12月までに顧客に納品すること、そしてIFSをFPTジャパンの主要な先進設計部門に発展させ、100人以上のスタッフを抱えることです。さらに、IFSはFPTジャパン全体に対して先進的な設計サービスを提供します。

Related Articles

Mới nhất