22.9 C
New York
月曜日, 7月 22, 2024

Buy now

[TOP 100 FPT 2023] Do Van Khac – 日本市場に新しい風を吹かせる男

ド・ヴァン・カック(FPTソフトウェア副社長兼FPTジャパン社長)は、円安が進んだ日本の厳しい経済状況の中でFJPの最高経営責任者に就任し、適切な政策によってFPTジャパンをFPTの市場のトップに返り咲かせました。

カック氏がFPTジャパンのCEOに就任してから1年後の2022年末、日本市場は依然として多くの課題を抱えていると見られています。その前、運営体制の安定化がFPTジャパンにポジティブな変化をもたらしました。カック氏にとって最も重要なことは、FPTジャパン内部が顧客と成長に絶対的に集中するために、障害を無視することを決定したことです。彼は、「従業員のモチベーションが以前より向上し、楽観的になり、TOR(退職)率は低下し、会社は正しい軌道に乗っている」と述べました。

2023年に入り、リーダーとしての胆力でカック氏はFPTジャパンを困難を乗り越え、多くの顕著な成果を達成しました。FPTジャパンは史上最高の成長率(50.1%)を達成し、2023年の売上高計画を1か月前倒しに完了し、1四半期で初めて1億ドルの売上高を達成した最初のOBになりました。年末には、FPTジャパンの売上高は3億8300万米ドル(530億円相当)に達し、日本の大手IT企業上位26社(gyoji-search.comによる)にランキングされました。FPTのチュオン・ザー・ビン会長は、FPTソフトウェアがグローバルITサービス分野で売上高10億米ドル突破を達成したFJPの目覚ましい功績を称え、FPTの第一級ビクトリースターを授与しました。

インスピレーションを与えるリーダーシップ

カック氏のリーダーシップのもと、FPTジャパンは新たな活気を呼び起こされ、Sales(営業)からDelivery(製造)まで、そしてBA(ビジネスサポート)からWorkforce(人材)まで、包括的で結束力のある組織になりました。彼は常に明確で記憶に残る目標を設定し、熱意を行動に移し、成功に向けて協力し合うよう人々を励ましながら、組織全体に情熱的な炎を灯しています。カック氏はユーモアと楽観的な精神で、常にハッピーな雰囲気を作り出し、チームメイト同士の絆を深め、組織をますます強固なものにしています。

昨年、カック氏はまた、退職金制度、給与基金の増額、給与基準の見直し、その他の福利厚生給与基準の見直し、FPTジャパンの従業員にとって有益となる数々の新しい政策を適用しました。

社内リソースの面では、2023年にFPTジャパンは「現地化」という使命を達成し、生産性、品質が向上し、ますます多くのエンドツーエンドプロジェクトを受注する日本の標準企業になりました。 多くの市場でT&M(Time and Material)プロジェクトが実施される中、、FPT ジャパンは大胆にもフルライフサイクルプロジェクト(包括的なプロジェクト)を推進し、成功裏に展開しました。

同社の事業領域も拡大し、多くの大規模な取引や重要な顧客を獲得しています。従来の事業分野に加え、カック氏はジョイント・ベンチャーやM&A(合併・買収)などの成長戦略を支援・推進しています。

FPT ジャパンの従業員にとって、カック氏は特に目標を明確にし、それをやり遂げるという点で、強いインスピレーションを与えてくれる存在です。桜の国に来た当初から長い間、カック氏は毎朝早く早く出社し、現地の教師と日本語の勉強に時間を割いていました。FPTジャパンのCEOとして顧客とのミーティングでは、最も整った形でスピーチをするために、事前に日本語でスピーチを準備しています。

FPTジャパンのCEOが流暢な日本語で顧客とコミュニケーションをとるためのアプローチは、「少し知って、たくさん使う。大切なのは、恥ずかしがらず、わからないことがあれば質問する」という方法です。

「外面も内側も温かい」

FPTソフトウェアのCEOのファム・ミン・トゥアン氏によると、カック氏はさまざまなポジションで優れた管理者であり、共通の目標のためにチームをまとめ、団結させる能力を持っています。彼は2017年から2019年にかけて、そして現在も日本市場の急成長に大きく貢献しています。

プログラマーとしての仕事から数々の要職に就くまで、20年以上FPTに携わってきたカックCEOは、常に闘争心を持ち、明るく笑顔で、行動も言葉も熱意に溢れています。カック氏が多くの人々と接触する際に作り出す友好的な雰囲気は、彼の成功において欠かせない要素の一部であると言えるでしょう。
PTソフトウェアのチュー・タン・ハ会長は、カック氏は恋愛小説の中で「大佬」と呼ばれるべき人物の一人として見なされます。彼は明るく、賢明で、才能豊かでありながら、仕事に忙しくても、家族に時間と温かさを与えることを忘れません。

かつてハ会長は、日本で3000人以上の従業員を抱えるFPTジャパンの経営陣について、尊敬の念を込めてそう語ったことがあります。まだ円安とはいえ、何千というプロジェクトの規模が大きくなり、多忙にもかかわらず、カック氏は妻に電話をかけ、義父をどうすればきちんと迎えられるかを相談しました。

忙しい毎日ではありますが、カック氏が残りわずかな自由な時間を使って妻と秋の紅葉を楽しんだり、子供と海辺を散歩したり、愛する人に優しいジェスチャーを贈ったりすることを見ることは珍しくありません。

FPT ジャパンはFPTの10億ドル規模の市場になるという前例のない機会に直面しています。2024年、同社は売上高目標をを699億円(OKR:735億円)に設定し39%の成長に相当します。長期的には、この数字は1,026億円、つまり10億ドルに相当し、日本市場のIT企業トップ20に入ることを目標しています。2026年までに、FPT ジャパンの従業員数は3,999人に達する予定です。

それは確かに挑戦的な数字です。しかし、ド・ヴァン・カック氏のリーダーシップの才能、確信、楽観的で積極的な姿勢により、これらの目標はFPT ジャパンの人々にとって「トップを占める」ための興味深い一連の挑戦に変わるだろう。

Related Articles

Mới nhất