24.4 C
New York
火曜日, 7月 16, 2024

Buy now

FSOFTの会長:「FPTが日本の企業と協力することで、両国に繁栄と幸福をもたらす」と述べました

CxOサミット東京2024は、3月15日に虎ノ門ヒルズフォーラムで開催され、60名以上の招待客が参加しました。 FSOFTのチュー・タン・ハ会長、FISのトラン・ダン・ホア会長、FJPのリーダーシップチーム、および日本の企業を代表する各CxOが出席しました。

イベントでは、FSOFTのチュー・タン・ハ会長が、日本を活性化し、持続可能な成長に向けたグローバルビジョンについて議論しました。ハ会長は、この目標を達成するための企業の役割とベトナムと日本の協力の重要性を強調しました。

ハ会長は、気候変動や技術分野での激しい競争などの課題にも触れ、AIコンピューティングインフラストラクチャへの投資や自動車産業の発展など、具体的な戦略を提案しました。また、ハ会長は、両国の経済協力の未来を支え、形成する上でFPTが果たす役割を強調した。日本とベトナムは、パートナーとして、チップの設計、製造、組立、テストのプロセスにおける包括的なサプライチェーンを構築するために協力する必要があります。

現在、FPTと多くのベトナム企業は、若手労働力を迅速に提供するために、カリキュラムの開発、採用、およびトレーニングに先駆けて取り組んでいます。これにより、日本企業向けの経験豊富で高度な専門知識を持つ専門家チームに補完を提供し、必要なプロセスを実行する準備ができた若手人材が確保されます。

さらに、FPTと顧客は、3つのD-G-I変革(デジタル、グリーン、インテリジェンス)を成功させるために協力する必要があります。

具体的には、AIは実験的研究段階を超え、急速に日常生活に進化しています。先駆的なジェネレーティブAIが広く活用され、従来の働き方を大きく変えます。情報データは競争力の重要な要素としてますます重要になっています。

そのためFPTは、AIパートナーと協力してAIアプリケーションの研究開発に取り組むとともに、日本とベトナムに大規模なAIコンピューティング・インフラセンターを構築するための研究・投資計画を進めています。

最後に、自動車産業は国における代表的な産業と言えます。FSOFTの会長は、現在の技術の課題(自動運転、コネクティビティ、エレクトロニクス)にもかかわらず、日本が世界の自動車産業をリードし続けると確信しています。

FPTは2023年末に、日本の顧客向けの数多くのプロジェクトに取り組む専門家のコア・チームを擁する戦略的会社であるFPTオートモーティブを設立しました。FPTはこの業界の主要企業とより緊密に協力し、さまざまな先進技術を統合した競争力のある製品を開発・導入していくことを望んでいます。

2005年以来、FPTのグローバル戦略において、日本は常に最重要のマーケットです。20年後、FJPは日本最大の外資系テクノロジー企業となり、3,000人以上の従業員を抱え、そのうち約15,000人が日本国内で日本の顧客向けのプロジェクトを遂行し、北海道から沖縄まで16のオフィスを構えています。

現在、世界中の80以上のオフィスで約30,000人の専門家が活躍しているFSOFTは、教育、トレーニング、およびアップグレードを段階的に展開し、新世代の才能豊かで学ぶ意欲に満ち、野心的な人材のために準備を進めています。数百万人規模の体制で、FSOFTはいつでもどこでもパートナーや顧客のニーズに総合的に対応する準備が整っています。大連のオフィスが2日前に開設されたことは、FPTのこの取り組みの最新の証拠です。

FPTは、両国の繁栄と両国民の幸福に貢献するため、日本企業との協力の新たな機会を常に計画し、模索しています。

ハ会長のプレゼンテーションに続き、おのうち氏も日本のDXを加速させるベストショアモデルを紹介しました。コニカミノルタのCEO、マイクロソフトのCTO等多くの出席者がプレゼンテーションを行いました。

イベントの一環として、参加者はコニカミノルタ、日本調剤、日経BP社の代表者による、テクノロジーの活用とビジネスマネジメントに関する特別パネルディスカッションに参加しました。同日は、ゲストはFPT主催のウェルカムパーティーに出席しました。

Related Articles

Mới nhất