17.2 C
New York
木曜日, 6月 13, 2024

Buy now

オフショアのBAスタッフは、FJPのサポート能力を向上

CPO Trinh Van Thao氏は、従業員およびビジネスの増加がオフショアチームのサポート能力をますます高める必要であることを強調しました。

3月19日、CPO Trinh Van Thao氏は、オンラインおよびオフライン形式でオフショアのBA従業員とミーティングを行いました。今回の「オープン・トーク」セッションでは、会社の戦略的方針に関する情報の共有に加えて、THAO氏は時間を割いて質問に答え、疑問を解けました。

2023年に優れた結果を収めたFJPは、2024年には売上と人事の多くの挑戦的な目標に直面しています。その中で、人員は重要な問題です。

2023年末までに、FJPには約2,900人の従業員がおり、今年末までには3,999人になる予定で、そのうち51%がグローバルな従業員であるという目標があります。

Thao氏によれば、人員規模で見ると、FJPは日本のITトップ16企業に匹敵しています。それでも、Thao氏が強調した重要な点は、人員数の増加に焦点を当てるだけでなく、FJPが22か国の全ての従業員が快適で幸せに働ける多様性の環境を創り出したいということです。

採用とトレーニングに集中するだけでなく、CPOはオフショアのBA従業員に対し、FJPのサポートを続けるために能力を向上させるようにも伝えました。

「FJPは日本全国に16つの極点を展開しています。最近、FJPは大連にオフィスを開設し、規模が拡大するにつれて仕事も増えています。それぞれが自分の仕事に集中して、会社の成長と自己成長に貢献してください」とTHAO氏は語りました。

したがって、最良のサポートを提供するために、各BA従業員は自己を更新し、自分自身の機会を作るために専門知識のコースに加えて外国語コースに参加することができます。

また、Thao氏は、今日のBA従業員との会合で新しい顔が多く見られてうれしく思っていることも話しました。

会議の最後に、CPOは、BA従業員がFJPの成長記録を打ち破り、自分自身のために転機をもたらすために会社と共に歩んでいくことを望んでいます。

Related Articles

Mới nhất