22.9 C
New York
月曜日, 7月 22, 2024

Buy now

北海道のサッカー倶楽部が練習で「氷を砕く」

天候はFPT北海道のサッカー選手の精神を妨げるものではなく、逆に北海道事業所のスポーツ精神を高揚する為の「計器」が見られます。

先週末、北海道のFPTニアショアは道路に白い雪が降ったにもかかわらず、このキングスポーツを一緒に練習のために約20人の選手を集めました。倶楽部会員の三分の一は日本人従業員です。

計画によって、サッカー倶楽部は会員の皆さんが交流する機会を得るために、
週1、2回のほどの頻度で集まる予定です。

レ・ホアイ・ニン氏によりますと、倶楽部の設立と練習活動の維持は、毎週末に北海道事業所のFJP erを結びつける目的ですと語りました。従業員である選手にとって、健康を維持し、スポーツマンシップを向上させるための機会でもあります。さらに、倶楽部運営により北海道のサッカー大会やFJPレベルのサッカー大会に出場する精鋭なメンバーも選抜されます。

北海道事業所ではサッカー倶楽部以外にも、登山、スキー、生態体験などのスポーツ活動も盛んです。

5人、10人、そして今では100人の近くになり、「白雪の国」でのFPTの発展を見せています。FPT は、地元でのビジネスや販売を促進するという目標を持っていることでここに新事業所を開店します。また、雇用人材の誘致に加え、FNSを北海道にてのトップニアショア会社にするという目標にも注力しています。2024年にはFJP北海道事業所のOKRは200人の職員が働くことです。

札幌は北海道の大都市であり、FJPは日本で第4番目のニアショアオフィスを構えています。この場所は春・夏・秋・冬と四季がありますが、他県と比べると冬が半年も続くことは特別なところです。1月と2月は最も寒くてこの時期にも北海道が雪祭りに参加するために世界中から多くの観光客を迎える時期でもあります。

この土地は農業、観光、ビールでも有名です。ここの農産物はとても美味しくて安いです。これらの利点のおかげで、ほとんど日本の一流大企業が北海道にオフィスを構えており、非常に活気のある国内市場を形成しています。

Tô Ngà

Related Articles

Mới nhất