5.3 C
New York
木曜日, 2月 22, 2024

Buy now

FSOFTプログラマーの象徴であるCuder

[English below]

CuderはCucumber(FSOFTの社内ニュース)とCoder(プログラマー)を組み合わせた造語です。CuderのイメージはFSOFTアートディレクターであるブイ・アイン・トゥアンさん作で2006年2月15日に発刊されたCucumberニュース第56号で初めて登場しました。

登場以来、CuderはFSOFTの一部となり、風刺的なイラストを通して登場するだけでなく文化的な生活から各部署の生産・ビジネス活動に至るまで全ての部分で存在を共にしていきました。

大きい頭の形と近眼というCuderのイメージは0と1のバイナリーコードでITの分野を日夜「鍬で耕す」FSOFTのプログラマーの象徴としてコミカルに表しており、またFSOFT社員の不屈の労働精神を象徴しています。

2013年には芸術家であるハー・リエン・ホアンさん、チャン・ヴァン・トゥックさん、そしてダナンのノンヌックの石工チームによって岩塩で作られた2.4mの高さのCuderの像がホアラックのF-villeで完全公開、設置され、FSOFTツアーにおける興味深いスポットの一つとなりました。

CuderはFSOFTの各イベントを目撃してする「証人」のようなものであるため、FSOFTの文化や人間のシンボルとして次第に受け入れられ、親しみを持たれて親密になっていきました。

CuderはFSOFTの一部となり、風刺的なイラストを通して登場するだけでなくソフトウェアの人々がお互いを親しく呼び合う場面や、FSOFTの映像、各部署の建物の看板や標識等の全ての部分で存在してきました。Cuderはライフアクティビティや各部署の生産・ビジネスの中でコミカルに面白おかしく登場してきました。

ある日本のお客様はこのシンボルをとても楽しく感じており、FSOFTの社員にミニチュアモデルをプレゼントしてくれました。

村から都市に行き、世界に羽ばたき、新しいことを受入れ自分の中の無限の潜在能力を発揮するFSOFTのプログラマーの行く末を象徴するとしてCuderの像はF-Ville 1の後にF-Ville2やF-Ville3にも違う材料を使って建てられました。

FJPの18年目の誕生日を記念して、ブイ・クアン・ゴック取締役副社長は会社にCuderの像を贈ってくださいました。像の高さは1.22mで紅玉で作られています。FJPはこの特別な贈り物を受け取った最初のOBになります。

FJPのCuderはゴックさんがFSOFTに贈った6番目の像になります。その前に副社長はFPTズイタン、F-Ville 2、F-Ville 3、FPT complex、FTownにCuder像を贈っています。FJPの後は7番目の像がFAMに副社長から贈られます。

Cuder is the symbol of FSOFT Developer

Cuder is an abbreviation for Cucumber (Internal newspaper of FPT Software) and Coder (Developer). The image of Cuder first appeared in Cucumber No. 58, published on February 15, 2006, was composed by Bui Anh Tuan – Art Director of FSOFT.

Cuder has been in the life of FPT Software (FSOFT) since its launch. Cuder not only appears through cartoons but is also present everywhere from cultural life to the production and business activities of the department.

With a big head and short-sighted glasses, the image of Cuder has a humorous symbolic meaning for FPT Software Developers – the guys who work day and night in the technology field with the numbers 0 and 1 of the binary system, etc. This symbolizes the tireless efforts of FSOFTer.

In 2013, white stone Cuder with a height of 2.4m made by artists Ha Lien Hoang, Tran Van Thuc and a group of workers from Non Nuoc Stone Carving Village – Da Nang was completed and placed on the F-Ville campus in Hoa. Lac, becoming an interesting destination on the FSOFT tour.

Cuder was like a “witness” of FSOFT which witnessed events of FSOFT, so Cuder was accepted and gradually became familiar and friendly as a human and cultural symbol of FSOFT.

Cuder has entered the lives of FSOFTer not only in cartoons of newspapers, but it also appeared everywhere in the way developers called each other; in movies about FSOFT and on signs at restaurants and in the building of departments. Cuder’s image is expressed humorously in the life, production and business activities of the department.

A Japanese customer was interested in this symbol and gave FSOFT employees a mini model.

After F-Ville 1, the Cuder statue also appears at F-Ville 2 and F-Ville 3 with different materials as a symbol of the FSOFT developer’s journey from the village to the capital, global expansion, welcoming new things and developing their limitless potential.

On the 18th anniversary of FJP, Deputy Chairman of FPT Bui Quang Ngoc gave the Cuder statue to the company. The statue is 1.22m high and made of rubies. FJP is the first OB to receive this special gift.

Related Articles

Mới nhất