7.2 C
New York
金曜日, 4月 19, 2024

Buy now

日本ではJVやM&Aの取引が増えるだろう

市場の特性上、日本におけるJV(ジョイントベンチャー)やM&A(合併・買収)活動には多くの困難が伴います。しかし、FSOFT SEVPおよびFJP CEOのDo Van Khac氏は、将来的には日本、韓国およびPPLブロックの他の国々でも多くの取引が実現されるだろうと断言しました。

ニャチャンで開催されたCxOトーク2024のQ&Aセッションでは、Khac氏はM&Aに関する従業員の質問に答えました。

2014年から現在、特には2023年末まで、米国では多くのFSOFTのM&A取引が成功しています。一方、日本ではこの数はかなり少ないです。

Khac氏によれば、日本におけるM&Aの難しさは現実のものだということです。しかし最近、コニカミノルタは、東京に本社を置くコニカミノルタFPTソリューションラボという合弁会社を設立し、今年4月1日に創業開始する予定で、FSOFTとの合弁契約を正式に発表したばかりです。この合弁事業により、FPTは複合機と医療機器を専門とするコニカミノルタ社のデジタルトランスフォーメーションのグローバルな実現を支援していくことになります。

「この合弁会社は、日本でFPTがM&A取引を進める上での名声を生み出すことになります。FSOFT副社長グエン・カイ・ホアン氏の支援により、日本市場は今後6週間以内に別の合弁会社取引を完了する予定だ」と、Khac 氏は半分口を開きました。

Tô Ngà

Related Articles

Mới nhất