5.3 C
New York
木曜日, 2月 22, 2024

Buy now

FJPの社員、個人情報保護士の資格を更新取得

先日、Sakurama Mitsuhiroさん(FJP.LRC)は、個人情報保護士の資格を取得しました。この資格は、法律や倫理規定に基づき、個人情報の適切な取り扱いや管理、保護に関する専門的な知識を習得するために必要となります。

多くのお客様はこれらに関し大きな関心があ、FJPに対策を求めます。Sakuramaさんが個人情報保護士の資格を取得できたことは、FJPがプライバシーマークを取得する際に、大いに役に立ちます。

その他にも、FJPは強力なオフショアチームを擁しており、頻繁にベトナムにお客様の個人情報を提供する場合がありますが、日本の個人情報保護法はそれらに制限を設けています。現地の法律を遵守する為の知識、準備が必要で、個人情報保護士の資格が大いに役に立ちます。

個人情報保護士認定試験は150分、100問出題され、70%以上の正解率が求められ、平均合格率は37.3%です。Sakuramaさんによれば、日本の個人情報保護法など法律自体が年々改正され、最新の情報に常にアップデートしておくことが大切だと言いました。

「業務をする上では専門の知識が必要となります。その分野の適切な資格試験を見つけて、受験することは良いことだと思います。受験のための勉強をすることで体系的に知識を身につけることができます。合格すれば自信につながります。」とSakuramaさんが語りました。

Related Articles

Mới nhất