20.3 C
New York
月曜日, 4月 15, 2024

Buy now

FJPとFSOFTフエ、フォンディエン県の裸の丘を緑化

12月13日午後、FSOFTフエの従業員は、FJPの代表者、GAIA自然保護センター、Khe Liem森林保護管理ステーションの森林保護員と共に、トゥアティエン・フエ省フオンディエン県のの裸の丘に1,002本の木を植樹しました。これらの苗木はすべてFJPの資金援助によるものです。

Khe Liem森林はフォンディエン県にあり、La Son – Tuy Loan高速道路の間に位置する保護地帯で、これはクァンチーとダナンとPhong Dien自然保護区を結ぶ新しい主要な幹線道路です。現在、この森林は高速道路建設の影響を受けており、多くの斜面が崩れ、土砂崩れが発生しています。これにより、自然景観だけでなく、生態系も影響を及ぼしています。崩れや浸食された斜面を再生するために、木を植えることは非常に重要です。

FJPのファム・ティ・タイン・ホアCOOは「FPTジャパンフォレストプロジェクト:木を植え-命を救う」のスローガンで、FJPがこの場所を選んだ理由は、この森林がベトナムの緑の肺だからだと述べました。

また、FSOFTとFJPのEcoVadisプロジェクトの一環でもあり、二酸化炭素を吸収する緑地を作ることで、2050年までにカーボンニュートラルの目標に近づき、ベトナム政府が推進している「ネットゼロ2050」という共通の目標に貢献する取り組みでもあります。

FJPが提供した1,002本の木を植樹した後、GAIA自然保護センターは191人・グループからの自発的な寄付により、さらに1,251本の木を植える予定です。4年後、この森林はKhe Liem森林保護管理ステーションによって引き続き保護される予定です。

Related Articles

Mới nhất