5.3 C
New York
木曜日, 2月 22, 2024

Buy now

日越エコシステム構築とレガシーマイグレーション

日越の強力なビジネスエコシステムを構築し、レガシーマイグレーションをする重要性を理解することは、FJPが12月8日に東京のパークハイアットホテルで開催したセミナーで講演者が交流し議論したトピックでした。

このイベントには、日本の主要IT企業から来た60人以上の招待客が参加しました。FPTジャパンの会長である谷原徹氏、FPTジャパンのCEOであるDo Van Khac氏、FPTジャパンの副社長であるNguyen Viet Vuong氏も出席しました。


FPTジャパンの会長である谷原徹氏は冒頭で「グローバルビジネス環境の課題」と題した話を共有しました。これにより、多くの変動の影響を受ける中で、ベトナムは依然として多くのサービス部門からの訪問者を引き寄せ、特に電子機器分野で輸出の「輝く点」を作り出しています。それに加えて、ベトナムは外国からの投資を増やしてリスクを最小限に抑え、世界的なサプライチェーンでの地位を向上させています。ベトナムは3か国、日本、アメリカ、中国と包括的な戦略的パートナーシップとしての役割を果たし、新しいビジネスモデルのモデルになるために有利な位置にあります。

最近、ベトナムは、日本と外交関係樹立から50周年を迎え、同時にアジアで最も速い成長を遂げており、2022年には8%の成長率を記録し、アジアで最も急速にデジタル化されている国となっています。

豊富な人材、若さ、品質を備えたベトナムはますます有望な市場となり、地域および世界のビジネスイノベーションの牽引役となっています。


FPTの2番目のスピーカーである小野内隆弘氏は、「FPTの日本ベトナムエコシステムの構築方法」をテーマに共有しました。小野内氏によれば、競争価格、DX分野での人材不足に対処するために、ベトナムは現在、グローバルなサプライチェーンでの戦略的なリンクとなるための多くの戦略を実施しています。 FPTは、オンショア、ニアショア、オフショアを組み合わせ、タイムゾーン、地理的位置、言語、スキルの多様性を活かしたグローバルベストショアモデルを目指しています。技術に関しては、FPTはCobol Parkを介して社会的な問題を解決する持続可能な近代化を目指しています。コアとなるのは技術であり、FPTはDC5.0戦略に基づいて新しい市場を開拓しています。


FPTレガシーマイグレーションについての共有では、講演者の亀山彰康(NVI)は、2006年以来、さまざまな国の顧客向けにレガシーマイグレーションプロジェクトを実施してきたと述べました。FPTが展開し、さまざまな製造分野で構築された技術ソリューションは、顧客の生産性向上に寄与します。

イベントの中で、日本の研究所からの熊澤知喜氏とコベルコシステムからの秋山豊氏はゲストスピーカーとしてイベントで講演しました。

Related Articles

Mới nhất