5.3 C
New York
木曜日, 2月 22, 2024

Buy now

FJPはオフィスで再生可能エネルギー化を積極的に進める

FJPの16オフィスのうち4か所(総電力使用量の62%)が再生可能エネルギーに切り替えられています。(2023年1月から10月までの期間)。会社は引き続き、残りの建物に対しても可能な範囲でクリーンエネルギーへの切り替え案を提案しています。

2023年、SSCは各オフィスで使用されている電力の種類を調査し、企業の環境方針に基づいて温室効果ガスの排出を最小限に抑えるために再生可能エネルギーへの移行を進めています。

11月上旬、FJPは日暮里にあるFPT日本語学校の校舎をで、二酸化炭素を排出しない再生可能エネルギーであるグリーン電力をエネサーブ株式会社と契約手続きを完了しました。12月から、FJAはこの再生可能エネルギーを使用し始めます。

さらに、2022年中頃から名古屋と大阪のオフィスビル、および2023年1月から大門オフィススビルも再生可能エネルギーに切り替えられました。

新オフィス開設プロジェクトにおいて、FJPは常にガス排出削減と環境保護の要素をオフィスビルの選択基準に考慮しています。

再生可能エネルギー(クリーンエネルギー)とは、石油や石炭、天然ガスといった有限な資源である化石エネルギーとは違い、太陽光や風力、潮流、地熱といった地球資源の一部など自然界に常に存在するエネルギーのことです。

Mỹ Linh

Related Articles

Mới nhất