5.3 C
New York
木曜日, 2月 22, 2024

Buy now

FSOFT会長からGo Vietnam訪問団体への3つのメッセージ

FPTジャパンの日本の従業員がFSOFTベトナム本社の職場環境を直接に訪れ、体験することは、組織への理解を深める絶好の機会です。そのため、FSOFTのトップは、このプログラムを通じて、各メンバーが興味深い観察をし、それをFPTジャパンの同僚や日本の顧客と共有できると期待を寄せています。

Go Vietnamの第3弾は、11月26日から12月1日までの期間に24人の日本の社員が参加しました。FSOFT会長のChu Thi Thanh Haは、最初の会合で団体に対して時間を割いて共有しました。

具体的には、Ha会長は訪問団体のメンバーに対して3つのメッセージを伝えました。1つ目は、FPTのベトナムでの労働環境を観察し、日本の同僚や顧客に共有することを期待していることです。2つ目は、各個人がベトナムの同僚との交流を強化し、ベトナムの同僚たちと学び合いたいことです。3つ目は、この旅行を通じて、子会社を訪れ、積極的に連携し、FPT内の同僚たちとの交流の機会を広げるようにとのことです。

その前にも、FSOFT会長は訪問団体のメンバーに対してFPTとFSOFTに関する基本情報を紹介し、全体的な視野を広げる手助けをしました。

35年の発展の中で、FPTは現在、全世界で約70,000人の従業員を擁し、ベトナムで最も多くの科学者やエンジニアを抱える企業とされています。最初の10年間、FPTグループは主に国内のITソリューションに焦点を当てていました。1999年には、ベトナムの知識を世界に広めるという志を持ち、FPTはFSOFTを設立しました。

数人のメンバーから始まり、現在ではFSOFTは約28,000人の従業員を擁し、30か国以上に展開しています。その25年の発展の中で、日本は常にFPT全体、特にFSOFTにとって重要で最大の市場であり続けています。

FSOFT会長は、「FPTはインドやアメリカに進出し、グローバル化の取り組みを行ってきましたが、失敗から多くの教訓を得ました。最初の成功を収めた市場は、日本でした。ここでは、単なる顧客やパートナーだけでなく、2つの国の人々やエンジニアたちとの友好関係が重要である」と、強調しました。

特に、平均年齢が28歳であるFPT/FSOFTの若手労働力は、今後日本の人手不足を補う役割を果たすことになるでしょう。これに備えて、Ha会長はFSOFTが進めているプログラム、例えば10KBrSE、FlyUp、Brush Up、最新の13K5などを多く共有しました。

個人の物語を通じて、Ha会長は自身がFSOFT会長に就任した最初の年に、世界中でCovidが複雑に進展する中、日本での長期のビジネストリップに参加した経験に触れました。日本での6か月間の滞在中、Ha会長はそこで150回の顧客会議に参加しました。

Ha会長の30年間のFPTでの最長の出張と、FPTが2011年に日本での重要な市場でのお客様との共感、協力、困難を分かち合うために留まるという二つの出来事は、FPTが最も重要な市場でお客様と共にする姿勢を示しています。これを通じて、Ha会長は両者の友好的で親密な関係を強調し、FPTの人々が日本で18年間でFJPを強力に成長させるのに役立ったことに誇りを感じています。

Go Vietnam訪問団体はFSOFT会長の共有に感銘を受け、若手労働力、13K5プログラム、FSOFTが今後推進するヘルスケア、オートモーティブなどの分野に対する興味を抱いています。

24人のメンバーはまた、Ha会長から贈られたFSOFTの親子の日のカードに感激し、それを通じて会社のキャンパスを知り、この旅行で素晴らしい経験ができることを期待しています。

Go Vietnamは、FJPのダイバーシティ委員会が関連する各部署と協力して開催するプログラムです。このプログラムの目的は、グローバル従業員がFPTの同僚の働く場所を発見し、ベトナムと日本の文化の間の親しみを高めることです。これは、このプログラムの3回目で、総参加者数は延べ59人です。

TN

Related Articles

Mới nhất