25.4 C
New York
月曜日, 6月 24, 2024

Buy now

FJPのグローバル社員にとって「オポチュニティ」は魅力的なキーワード

数え切れないほどのさまざまな企業の中から、若者たちはFJPを選んで貢献しました。彼らは積極的に自分自身に挑戦し、自分の限界を克服するための「オポチュニティ」という言葉を高く評価します。

Zhao Binさんは、会社の発展の可能性を感じ、 FJPへの入社を決意しました。彼の目標は、FJPの発展に貢献することです。

Binさんにとって、FJPは「エネルギー」「チャレンジ精神」「オープンマインド」という3つの言葉で表現できます。FJPが高い成長率を維持するには、社員一人ひとりの努力が必要な多くの課題を乗り越えなければなりません。実際、Zhao Binさんにとって最大の「魅力」はチャンレンジです。なぜなら、FJPで働くと、さまざまなプロジェクトや仕事に挑戦する機会があるからです。

Zhao Binさんと同様に、若いWang XuさんもFJPへの入社を決めました。FJPは多くの昇進の機会と、もちろん新たな課題に直面して急速に成長しているからです。

Wang Xuさんにとって、FJPは「オポチュニティ」、「チャレンジ」、「成長」という3つの単語で「要約」できます。この青年は、FJPの同僚の若々しい労働環境、前向きな精神、野心を特に高く評価しています。

2024年に、FJPはCINEXプログラムを加速します。Wang Xuさんは自分の観点から、この戦略が時代に適していると信じています。 「どの国や企業にも成長と統合の時期があります。この問題では客観的である必要があります。発展のニーズに適応し、変化に直面することは避けられません。しかし、私はベトナムと中国が共に年を重ね、緊密なパートナーになると信じています」と、Wang Xuさんは共有しました。

Zhao Binさんも同様の意見で、これを時代の流れだと見ています。この傾向を受け入れ、それを活用することが、FJPに参加し、FJPにこだわりたい理由の1つであると考えられます。

持続可能な発展に向けて、Zhao Binさんは、FJPが日本で自社ブランドを宣伝し、従業員向けの福利厚生政策を強化する必要があると考えています。一方、Wang Xuさんは、FPTが内部プロセスを短縮し、顧客やその他の利害関係者にもっと重点を置くことを期待しています。

Tô Ngà

Related Articles

Mới nhất