8.2 C
New York
金曜日, 4月 19, 2024

Buy now

FJP 、十億ドルに挑戦するという目標を掲げて18周年を祝う

FPTジャパンは、2023年11月13日に設立18周年を迎えます。18周年を迎えるにあたり、同社はFSOFTのリーダーとして、またFPTにとって初の10億ドル企業として、大きな期待を寄せています。

FSOFTのファム・ミン・トゥアンCEOは,FJPが常に成長をリードしており、自動車,医療,保険といった主要なプログラムでFSOFTを「頂上」に導く先頭に立っていると断言しています。

「3年後にFJPが1000億円、10億米ドル、日本のトップ10のシステムインテグレーション(SI)企業になることを期待しています」とトゥアンCEOは確信しています。

この機会に、トゥアンCEOは「18歳は成熟し、独立できる年齢です。FJPの皆さんに多くの幸福と人生の大きな夢に向かって果敢に挑むことをお祈りしています。エンジョイ 18+」とメッセージを送りました。

FJPが18周年を迎え、FPTのOBで初めて1四半期で1億ドルの収益を上げました。52%の成長率で、11月末までにFJPは2023年の目標を1か月前倒しで達成する見込みです。2023年末までに、FJPの売上高は3億8270万ドル(530億円相当)に達すると予想され、日本のIT企業上位26社に匹敵します。(gyokai-search.com)

2005年に日本でFJPが設立されて、FPTグループのグローバル化の第二の波が始まりました。わずか数名のメンバーからスタートしたFJPは現在、日本全国16のオフィスに約2,800名の従業員を抱えています。

長年にわたり、FJPの社員は絶えず学び、努力し、同社を日本および世界の多業種企業の戦略的パートナーとし、企業が複雑な問題を解決し、その地位を向上させることを貢献してきました。

FJPは従業員にとって最高の職場環境を作ることに一貫して取り組んでおり、親族の定期健康診断、24時間365日のオンライン健康相談サービス、移動費用、住宅、教育支援など、仕事と家庭生活の両立を支援する福利厚生を数多く導入しています。さらに、社員の親族を対象とした日本語講座を継続的に開催し、情報共有や意見交換のイベントを行っています。

FJPはまた,興味に基づいたクラブやグループモデルを通して,職場環境に楽しい活動を作り出しています。社員は自発的に参加し、それぞれのニーズに応じて自由に自分を表現し、ありのままの自分でいることを奨励されています。

FJPのド・ヴァン・カックCEOは次のように共有しています。「FJPは過去15年間で最高の成長率を達成しました。それは頂点ではなく、むしろFJPに高成長の基盤を提供し、今後も提供し続ける勢いだと私は信じています」.

Tô Ngà

Related Articles

Mới nhất