9.8 C
New York
木曜日, 4月 18, 2024

Buy now

FJPは2023年の売上目標を1か月前倒しで達成

FPTジャパンの全従業員の努力のおかげで、FPTジャパンは初めて1四半期で1億ドルの売上を実現できました。現在の50%以上の成長率で、FJPは2023年の目標(計画1.0)も1か月前倒しで達成する見込みです。

FJP は順調な業績をあげて設立18周年を迎えました。第3四半期の締めくくりとして、FJPは FPT/FSOFTのOBとして初めて売上マイルストーンの1四半期で1億ドルを達成しました。11月末までに、FJPの売上は3億5,000万ドルに達すると予想されており、年初からの1.0計画の売上高3億4,900万ドルを上回ります。同時に前年同期比で1億ドルを突破しました。

この成長ペースを維持すれば、FJPは今年の終わりまでに382.7百万ドル、つまり計画1.2に達すると予測され、これが日本のIT企業の中で26位に位置することになります(gyokai-search.comによる)。

FJPは円安や激しい人材競争の中でも1四半期で1億ドルの売上を達成しました。したがって、これは会社が自信を持って2024年には5.99億円、つまり日本市場のIT企業トップ20に挑戦する基盤となります。

「FJPは15年間で最も高い成長率を達成しています。私はこれが頂点ではなく、今後も高い成長を続けるための勢いであると確信しています」と、FJP CEOのDo Van Khac氏は述べています。2016年には10月末までに1億ドルの売上を達成し、その成果によりFJPはFPTから最高の戦功勲章を授与されました。

日本では、FJPは約2,800人の従業員と国内全体で16のオフィスを擁する最大の外資系のIT企業として知られています。過去18年間、FJPは日本のテクノロジーと情報サービス市場でシェアを拡大し、日本の主要企業に対する重要なデジタル変革プロジェクトを展開しています。FJPは2026年までに日本のITサービス企業トップ20にランクインし、2027年までに10億ドルの売上を達成することを目標としています。

Tô Ngà

Related Articles

Mới nhất