25.4 C
New York
月曜日, 6月 24, 2024

Buy now

「Kaonavi」システムから「FHU」システムへのジョブランク評価を移行

従業員は、CHEサイクルを待たずに自己評価および自分のポジショニングを行うことができ、管理職は部署内の従業員の総合的な職位を簡単に確認できます。これらは、FJPで新たに導入されたジョブランク評価に「FHU」システムを使用する際の利点です。

11月初めに、FJPの人事部は従業員に対して、「Kaonavi」システムから「FHU」システムへのジョブランク評価システムの切り替えに関する通知メールを送信しました。CHE評価の一環としては引き続き「Kaonavi」システムで実施されます。

「Kaonavi」は、2020年にFJPが導入した人事管理システムです。このシステムはインターフェースが十分でなく、管理職および部署メンバーからの意見の統合にいくつかの課題がありました。そのため、2年の導入後、人事部はジョブランク評価を「FHU」システムに移行することを決定しました。

「FHU」では、従業員は現在のスキルと比較して補充が必要なスキルギャップを簡単に確認でき、同じキャリアパス内の他のレベルと比較して自己の職業の発展方向を把握できます。従業員はCHEサイクルを待たずに主体的に自己評価し、デリバリーキャリアパス内でポジショニングを行うことが可能です。

管理職はまた、新機能を介して部門内の全従業員の総合的なジョブランクを観察および評価し、FHU上で下のリーダーに対して権限を委任することができるようになります。

現在、FJPはFHUシステムで従業員のジョブランク評価機能を「解除」しましたが、他の機能はまだ使用していません。将来的には、人事部はCHE評価もFHUに移行し、従業員が複数のシステムを使用せずに済むようにし、FPTグループの方針に沿ってFSOFTのFHUシステムとの統一を進める予定です。

Tô Ngà

Related Articles

Mới nhất