5.3 C
New York
木曜日, 2月 22, 2024

Buy now

BAおよびワークフォース部門が2024年計画について議論

11月1日に、FJP のBA&ワークフォース部門は2024年の計画に関する会議を行いました。 すべての従業員に幸せな職場環境を提供し、FJPが2024年までにOKR 777億円に到達するサポートをすることは、BAおよびワークフォース部門の目標です。

このイベントには、FJPのCEOであるド・ヴァン・カク氏、COOのファム・ティ・タイン・ホア氏、CPOのチン・ヴァン・タオ氏、およびデリバリー、セールス、各部門の代表者がオンラインで参加しました。

FPTジャパンは、FSOFTの海外支社(OB)で1位を維持し、今年のビジネスの初めの9か月では、282百万ドルの収益を上げ、日本円建てで52%、米ドル建てで38.8%成長しました。これは、日本および世界経済が困難な状況にある中での特筆すべき成果です。収益面での成功を収めるためには、BAおよびワークフォース部門の貢献が不可欠です。

FJP CEOのド・ヴァン・カク氏は、FJPのBA&ワークフォース部門が従業員の福祉に関する様々なプログラムを成功裏に展開していることを認識し、賞賛しました。 これには、功績に応じた長期勤続手当のポリシー、従業員の幸福を促進するプログラムなどが含まれます。 SSC、IT ISMなどの部門は、栃木、静岡、大阪に新しいオフィスを設立しました。彼は人材が企業の発展の背後にいると考え、カク社長はベトナムの人材チームに対して成長を促進する活動を強化することを期待しています。 また、FPTが新しいオフィスを開設することで、BA、SSC、HR、IT、JMCなどのチームは企業の主要プログラムに取り組む必要があります。

特に、FJPのCEOは、2024年にFJPがEcovadisの銀メダルを受賞することを期待しています。 2024年のFJPのOKR目標は、777億円であり、2026年は1026億円です。カク社長は、2024年がFJP BA&ワークフォース部門の更なる飛躍の年であり、組織の共通目標に大きく貢献することを期待しています。

「2024年にはさらに良い計画を立ててください」と、カク社長は呼びかけました。計画会議の初日の枠組みで、CPOのチン・ヴァン・タオ氏はFSOFT/FJPの目標について共有しました。 HR、RD、FUN、LDI、RPP、REC などの部門は、2023年の達成と2024年の計画について説明しました。

11月2日には、残りのユニットもプレゼンテーションと議論を続ける予定です。

Thanh Tùng

Related Articles

Mới nhất