15.6 C
New York
日曜日, 5月 19, 2024

Buy now

FJP EXが365日の従業員エクスペリエンス調査キャンペーンを展開

新入社員の思いや意見は、FJPのエクスペリエンスチーム(FJP.EX)が1年間、入社初年度に会社に参加するメンバーの問題をサポートし、適時に解決するために収集および聴取します。これはFJP EXの活動の一環で、新しい職場環境に適応する中で従業員に生じる問題に対処することを目的としています。

以前、EXチームは初月の勤務において従業員のエクスペリエンス調査を展開していました。11月からは、EXはさらに4つの新しい調査ポイントを導入し、新入社員の1年目のオンボディング体験調査を完成させます。

オンボディング体験フレームワークは、従業員の最初の365日間の7つのポイント(初日、最初の週、最初の月、3ヶ月、6ヶ月、9ヶ月、1年)にわたる45のタッチポイントを含んでいます。

調査キャンペーンはMicrosoft Formsを使用し、FJP.EX@fpt.comから対応する時間ごとに従業員に自動的に送信されます。調査への回答は完全に自発的な精神に基づいています。調査に参加した従業員は「ポイントをためて、ゴールドと交換」キャンペーンに参加し、報酬を受け取ります。

オンボディング体験フレームワークの展開は、FJPの現実に基づいており、新しいメンバーが適応し、結びつきを築くために時間がかかることを考慮しています。FJP CPOのTrinh Van Thao氏のスポンサーのもと、FJP EXは統合フレームワークの設計を完成させ、展開に移すための準備が整いました。

FJP HRのオンボディング調査は、2023年4月以降にFJP EXが「引き継ぐ」ようになりました。6ヶ月の展開後、FJP EXは284人の新しい従業員のエクスペリエンスを初歩的に改善しました。パーソナライズされた歓迎状に加えて、FJP EXは各部署と緊密に協力し、新入社員の227の問題を初日(DayOne – D)、初週(D+7)、初月(D+30)といった3つのポイントでサポートしました。処理プロセスはリアルタイムで統合および更新され、週次の結果はEX Heatmapのダッシュボードで確認できます。新しい4つの調査ポイントに対しても、同様の処理形式が採用され、HRPR TMOがサポートするアップグレードされたダッシュボードバージョンで行われます。

オンボディング体験フレームワークと共に、FJP EXは、1年以上の経験を有する従業員、2023年に5-10-15-20周年を迎える218人の従業員にFSOFT Dedication Awardsを授与するイベントの開催に協力しています。

2024年には、FJP EXは従業員のエクスペリエンスを強化し、優れたグループ従業員、新しいオフィスおよび顧客の本社でのオンサイト従業員向けに多様な経験を開発することに焦点を当てます。

Tô Ngà

Related Articles

Mới nhất