9.8 C
New York
木曜日, 4月 18, 2024

Buy now

Truong Gia Binh会長:「FPTは日本のパートナーと共にできるだけ速くデジタル変革を進めたい」

FPTのBinh会長は、50年にわたる日越外交関係の構築において、双方の緊密な結びつきを強調しています。FPTは自らの能力を活かし、顧客と協力して未来を目指し、世界に飛び出していく意向です。

本日、2023年10月24日にハノイで開催されたNikkei Digital Forum in Asia 2023は、政府の高官や大手企業のリーダーを引き寄せました。FPTの会長Truong Gia Binhは、日本市場におけるFPTの双方関係と貢献について共有しました。

Binh氏によれば、FPTはベトナムと日本の両国関係に貢献できることを誇りに思っています。最近では、FPTは50周年の外交関係を祝うコンサートを成功裡に開催し、このイベントの特別な一環として認識されました。言えると、双方の協力の歴史の中で、ベトナム全体、特にFPTは「信頼できるパートナー」を見つけることができました。

「過去数年間、日本政府はベトナムの体制構築や両国の経済協力を促進するためにサポートしてきました。ベトナムの人々にとって、日本は50年にわたり非常に身近な国です」と、Binh氏は述べています。

双方の尊重と理解に関するストーリーでは、2011年の日本東北大震災の出来事を通じてBinh氏によって語られました。その時、多くの外国のパートナーや外国人が日本を離れた中、FPTジャパンの人々は困難を共に乗り越えるために日本の人々と共にとどまりました。その時のFPTグループの各従業員は、日本の人々を支援するために1日の給与を寄付しました。

「それは両国の非常に密接な関係を示しています。私たちは共に未来を目指し、世界に羽ばたく」と、FPTの会長は強調しました。

ドンズー(東遊)への20年間の冒険を通じて、FPTは日本が速すぎるペースで進み、当時非常にモダンな多くのシステムを導入していたことに気付きました。新しいシステムに移行する際に互換性の問題が発生しました。そのため、日本はデジタル変革が必要であり、新しいテクノロジーを学び、古いシステムを解放するための若い人材が必要です。

現在、FPTは日本の課題に対する解決策を持っており、FPT大学を設立し、18万人以上の生徒を英語、日本語、AI、クラウド、BigDataなどの最新技術で教育しています。FPTのエンジニアたちは、巨大な作業量に対応するために先進技術を活用しています。そのため、FPTは日本のパートナーや顧客と共にできるだけ速くデジタル変革を進めたいと考えています。

共に未来に向けて世界に飛び出す目標を掲げているFPTの会長は、FPT自体およびベトナム全体がVUCAの状況の中でどれほど適応しているかが重要であると、強調しています。

日本では、FJPは2,700人以上の従業員を擁する最大の外国技術企業として知られています。過去18年間で、FJPは日本のITサービス市場でのシェアを拡大し、日本の主要企業向けに重要なデジタル変革プロジェクトを展開してきました。同社は2025年に日本のITサービス大手TOP20社に入り、2027年に10億ドルの売上高を達成することを目標としています。

Tô Ngà

Related Articles

Mới nhất