5.3 C
New York
木曜日, 2月 22, 2024

Buy now

FPTの会長:「日本市場はFPTに多くの貴重な経験を与えてくれる」

FSOFTの会長は、品質と忍耐力、最後までの努力に関する教訓を通じて、日本のパートナーや顧客が、FPTの社員の成長に貢献してくれたと述べています。
ベトナム・サミット・イン・ジャパン2023(在日ベトナム知識人フォーラム)は10月15日に東京で開催されました。これは、日越外交関係樹立50周年記念一環で開催され、日本におけるベトナム知識人コミュニティの目覚ましい発展と多様性を示す重要なイベントとなります。「ベトナム・サミット・イン・ジャパン2023:時代の流れ、未来へ」は、両国の持続可能なパートナーシップを築くための重要な努力であり、多くの重要な分野での協力を強化する決意を示しています。

今年のイベントには、駐日ベトナム大使Pham Quang Hieu氏、元計画投資大臣Vo Hong Phuc氏、日本・ベトナム友好議員連盟元会長の武部勤氏、来賓とともに直接出席しました。、ベトナム政府の要人が直接参加します。また、計画投資大臣Nguyen Chi Dung氏、科学技術副大臣Bui The Duy氏はビデオを通じて発言しました。
FSOFTのChu Thanh Ha会長は、「日越外交関係樹立50周年記念」をテーマとした午前の部のセッションで講演しました。Ha会長、日本市場がFPTおよびベトナムのIT企業にとって最も重要な市場であると述べました。海外展開と日本市場への進出の旅において、FPTや他の多くの企業が現地の政府や専門家から大きなサポートを受けていると語りました。Ha氏は、FPTの最高顧問である小川武夫氏やFPT日本語学校の校長である黒田 英夫氏の語を紹介しました。

「皆様は私たちと共に歩み、貴重な教訓を教えてくださいました」とHa 会長は述べました。
さらに、日本の顧客との仕事の中で、FPTは日本の標準に基づく品質管理や人間性、言語などに関する多くの経験を得ました。日本のお客様がFPTの社員に最後までやり遂げるという精神を教えてくれました。Ha会長は世界市場シェアの50~70%を占める自動車メーカーや電力会社向けにセラミックや部品を製造している名古屋のある顧客について事例を挙げました。研究や市場投入には15〜20年かかったが、彼らはそれを追求し、最終的に成功を収めました。これが「品質と忍耐を最後まで実践する」という教訓です。

在の状況で、リソースの需要に応え、両国の架け橋となる一環として、FPTは13K5プログラムを実施しており、日本市場向けの大規模プロジェクトに備え、グローバルな従業員向けにGo JapanまたはGo Việt Namプログラムを進行しています。

ハ会長はスピーチの最後に、日本とベトナムの外交関係樹立50周年 日越祝祭管弦楽団日本公演のことを振り返りました。FPTは400人以上の生徒が通うホープスクールという学校も運営しています。FPTは大使館や多くの日本企業の支援を受け、ホープスクールのための音楽イベントを開催しました。「ベトナムと日本が共に希望を照らす」プログラムは、音楽を通じてホープスクールの生徒たちに愛を広め、より良い未来をもたらすことを目的としています。これは、ベトナムと日本の外交的、文化的、経済的結びつきの美しい一面を表しています。


Ha会長の講演に加え、ベトナム・サミット・イン・ジャパン2023でFCJのNguyen Huu Long氏とNinh Van Cuong氏(FJP.GW)が講演しました。イベントでのFPTのブースは多くのゲストの関心を集めました。

これはFPTとベトナム知識人コミュニティが意見交換、文化的な交流と地域経済の発展を促進する機会でもありました。

Thanh Tùng

Related Articles

Mới nhất