19.8 C
New York
月曜日, 5月 27, 2024

Buy now

FPTジャパンの従業員が応急手当訓練に参加

このイベントは10月7日に大門オフィスで行われ、多くのFJPerが参加しました。東京赤十字社の講師がFJPerにいざというときのために応急手当の知識と技術を身につけるように、貴重な知識を共有しました。
この訓練はHR、SSC、および関連部門によって主催されました。訓練中では、FJPerは心肺蘇生法、胸骨圧迫と人工呼吸、AEDの基本的な使い方、止血などの応急手当訓練を受けました。各救護法については、日本赤十字社の東京支部の講師が直接指導しました。訓練修了後、従業員に証明書が授与されました。

Dang Duc Chinhさんは、この訓練は日常生活ではなかなか学べない貴重な経験であると語りました。応急手当の訓練を受けていれば、より確実に、より自信を持って心肺蘇生を行うことができるかもしれません。応急手当の技術は、自分で実践して身につけることが重要です。

応急手当の授業は、人の命を救うことに貢献できる能力を自分が持っているという幸福感と誇りをもたらしてくれました。それはポジティブで記憶に残る経験であり、有意義な感情です。「日常生活で発生する緊急事態に、より自信を持って対処できるようになり、他の人々の命を助けることができるようになると確信しています。この訓練を実施していただき、ありがとうございます」とChinhさんは語りました。
FPTジャパンでは毎年、従業員を対象に応急手当訓練を実施しています。

Thanh Tùng

Related Articles

Mới nhất