8.2 C
New York
金曜日, 4月 19, 2024

Buy now

ニアショア: 何でだめなの?

Luong Hong Haiさんと仲間たちは、FPT沖縄を築くために5年以上の努力を重ね、日本の最南端の島でベトナムの村の夢を現実に変えました。ビジネスが安定して成長している最中、ハイさんは島を離れ、札幌に移住し、別の夢を実現することを決意しました。

2022年12月の寒い冬の日、何も特別なことはない中、メッセージがハイさんに届きました。その内容はわずか数言で、「北海道は人材が難しいんだよ!」と書かれていました。その瞬間、ニアショアのリーダーの中でいくつかの不安がわき上がりました。それがハイさんが新しい移動について真剣に考える瞬間でした。

2023年には、FPTは2025年までにニアショア体制2,000人まで増員という目標に向けて努力しています。沖縄と福岡に続き、FJPは北海道でのニアショアを拡大しています。しかし、「伝説の雪の国」は、メンバーを集めるのが難しい場所でした。

「面接の際、候補者は沖縄や北海道に移動することをためらいます。私は少しプライドが傷つけられたと感じています。なぜなら、私たちが多くの期待をかけた場所が拒否されたからです。何かしなければならないと感じました」とハイさんは自分の決断について語りました。

-「行こうか?」とハイさんは同僚でもある妻と相談しました。以前、東京から沖縄に転勤したときと同じく、彼女は頷きました。

「全てが非常に速く進みました。私たちはたった1日で家を見つけ、子供の学校を見つけるのに1か月かかりました。学校を見つけないうちに行く必要があると思っていましたが、幸運なことに、4月の終わりから、私たちの家族はすでに札幌の市民になっています」と、ハイさんは話しました。

札幌は北海道の首都であり、FJPが日本で4番目のニアショア拠点を設置した場所です。ここでは春、夏、秋、冬の4つの季節がありますが、特に冬は6か月間続きます。最も寒いのは1月と2月で、その時期に北海道は世界中から多くの観光客が来られ、雪まつりに参加します。

この地域は農業、観光、ビールで有名です。ここでの農産物は非常においしく、安いです。これらの利点のおかげで、日本の主要な企業のほとんどは北海道にオフィスを持っており、非常に活気のある国内市場を形成しています。

FPT は、北海道地元でのビジネスと販売を促進するという野心を持っています。地域内の雇用資源と潜在的な機会を誘致することに加えて、FNS を北海道でナンバーワンのニアショア会社にすることも目指しています。

現在、約50人の社員が北海道で働き、生活しています。地域転勤をサポートする政策に加えて、兄弟たちは毎月の電気、水、ガスの追加料金もサポートされています。

週末には、人々は通常、飲み会を通じて結束し、またはカラオケや登山などのチームアクティビティを通じて交流します。伝説の雪の国は通常の人々が考えるように「寒く」はありません。

「北海道に戻る日、雨が降っていた。私はこっそりと考えました。雨は幸運の兆候です。たくさんのビジネスが舞い降りてくることを願っています」とハイさんは振り返りました。

日本の多くの特徴を持つ土地であるため、北海道での生活は比較的快適で過酷ではありません。ハイさんは、沖縄と同様に、北海道の仲間たちがますます増えることを期待しています。そして、まもなく、伝説の雪の国は一色ではなく、ここには数百人のFPTの人々が新しい生活を始めるために住む場所になるでしょう。

「一部のメンバーたちはもともと東京で働きたいと提案しましたが、私と家族がここに引っ越してくるのを見て、彼らは残ることを選びました。私はまだ、志があれば何でもできると信じています」と、島の支配者であるハイさんは心を打ち明けました。

Related Articles

Mới nhất