8.2 C
New York
金曜日, 4月 19, 2024

Buy now

FJPは、Shizuoka Mobility Hubの真事業所をオープン

本日、2023年9月8日、FJPの16番目のオフィスが、国際都市である静岡県浜松市に位置しています。このオフィスは、コンサルティングから開発、特に自動車分野での運用保守に至るまで、顧客をフルサポートするためのFJPのベストショアモデルの展開拠点となります。

FPT静岡モビリティハブは、市内で唯一の超高層ビルである「Act City Tower」の11階に位置しています。ここには45階に展望台があり、浜松市とその先を一望できます。

新しいオフィスは、浜松駅から徒歩3分の距離に位置しており、約180平方メートルのスペースを持ち、約30人の従業員に席を提供できます。今後2年間で、FPT静岡モビリティハブは従業員数を300人に増やすことを目標としています。

静岡にオフィスを開設することで、FJPは顧客にもっと近くなり、顧客に対してFJPのベストショアサービスを迅速かつ最高品質で提供する戦略を実行しています。

FPT静岡モビリティハブの設立により、FJPは地域への長期投資を確約しており、静岡への「移住」を奨励する政策を提供し、ベトナムと日本のビジネス交流を促進する「橋渡し」の役割を果たすことを望んでいます。

新しいオフィスは、FJPが地域内で最高品質のサービスを提供し、顧客の満足度を高める最短の道と期待されています。

静岡県は、日本の経済の中心地とされています。ここでは名所や特産品だけでなく、産業、製造、製造業も非常に発展しています。しかし、県内の企業はサプライチェーンの問題、政治の影響、DXの重荷、人材不足などに直面しています。これらの問題に対処するのがFJPの貢献となるでしょう。

Related Articles

Mới nhất