9.8 C
New York
木曜日, 4月 18, 2024

Buy now

5年、10年… 何年が経っても、会社への執着の年数は愛情の年数

会社の発展に貢献するための各個人の旅は、長短が異なるかもしれませんが、仕事、課題、そして素晴らしい同僚を与えてくれた場所に対する愛は皆同じです。

9月2日、関東でFJP 2023年のCompany trip が開催しました。ここでは、1000人以上のFJPerとその家族が、このイベントでの新しい体験を共有しました。特に、5年や10年間の勤務歴を持つ約100人の社員が会社の経営陣からの称賛と感謝を受けました。

ベトナムで多くの大きなイベントや式典に出席してきたドアン・マン・クイン(FJP.EBS)さんにとって、関東地域のCompany Tripで先輩従業員を称える式典は多くの感動をもたらしました。「これは日本で最も素晴らしい式典であり、FSOFTの多くの特徴をここにもたらしてくれました。本当に幸せです」と、クインさんは語りました。

クインさんにとって、FJP での 10 年間の勤務はあっという間に過ぎ、多くのプロジェクトに参加し、多くの顧客と仕事をしてきましたが、会社に対する彼の情熱は初めての日のように燃えています。

ちょうど10年前、2022年のFJP準優勝の優秀社員であったクインさんは友人の紹介でFJPに入社しました。彼は、起業に失敗した後、それが正しい決断だったと信じています。そして彼は、チームの同僚と協力してトレーニング活動を展開し、大規模なERPプロジェクトに対応するFJPの能力を向上させることで、FJPでの歩みにおいて新たなマイルストーンを書き続けていきます。

タイ・チャン・ゴック・クオック(FJP.GE)さんにとって、先日の音楽祭で先輩従業員を表彰する式典は非常に居心地が良く、非常にプロフェッショナルなものでした。時が経つのは早いもので、FJPでの10年間は、彼の人生だけでなく、キャリアにおける成熟度においても成長するのに役立ちました。クオックさんが非常に誇りに思っているのは、同社が目覚ましい成長を遂げたことであり、中国のパートナーとの熾烈な競争環境の中でFJPの主要プロジェクトを常に維持してきたこともその成長に貢献した要因の1つとなっています。

この旅を振り返ると、クオックさんはFJPが人材を必要としていた時にBrSEのポジションに切り替えたことは幸運だったと感じています。今後も会社と将来のプロジェクトで一緒に歩むことを期待しています。

長年勤続を表彰された100人以上の同僚たちと同じ気持ちを共有したヴァン・ティ・ティンさんは5年間の勤務を振り返り、幸せで誇りに思っており、最大限の可能性を発揮して成長してきたと思います」と、ティンさんは述べました。

FJPに紹介してくれた親しい友人への感謝の意を表すために、ティンさんは現在のチームを強化し、将来にわたって一緒に歩む準備をすることを目指しています。

Related Articles

Mới nhất