5.3 C
New York
木曜日, 2月 22, 2024

Buy now

FJPが2023年版 アジア地域における「働きがいのある会社」ランキングにランクイン

Great Place to Work® Instituteは、アジアでの最高の職場のリストを発表しました。FJPは、アジアでの最高の規模職場トップ70ランキングに位置し、Accenture、HP、Ciscoなどの世界の大企業と並んでいます。

このランキングは、アジアと中東全域で2,100万人以上の従業員を対象に行った調査に基づいており、以下の3つのカテゴリに分かれています:Top 30 Best Multinational Workplaces(MNC)、Top 70 Best Large Workplaces(500人以上)、Top 100 Best Small & Medium Workplacesです。Best Workplace Asia 2023に名前を連ねるためには、企業はそれぞれのカテゴリに応じた基準を満たす必要があります。

FJPは、以下の条件を満たすことにより、Top 70 Best Large Workplaces(500人以上)のリストに名前を連ねています:日本で最高の職場として表彰されたこと、18か国からの約3,000人の従業員が働いており、組織の40%がグローバル従業員であることです。

Best Workplace Asia 2023は、世界中で信頼性のある称号です。この賞を受賞することにより、FJPは顧客や潜在的な求職者に対するイメージとブランドを向上させ、従業員の信頼と誇りを高めることができます。

この賞は、以前にFJPが獲得した称号を続けて維持しています。それには、日本での最高の職場ランキング4位(2023年3月)、日本での最高の職場ランキング11位(2023年2月)、そして日本での最高の職場(2022年9月)が含まれます。

会社設立以来、FJPは従業員の理想的な職場環境を築く努力をしてきました。同社は、従業員全体の体験を重視し、専門能力を発揮し、リーダーシップスキルを向上させ、新しい解決策を提案する機会を提供する方針を推進しています。

18か国からの多様な出身の従業員を抱えるFJPは、内部結びつきを高めるためのプログラム、クラブモデル、トップメッセージなどを通じて多文化の連携を促進しています。また、同社は従業員とその家族に健康ケアやGo Japan、Enjoy Japanなどのプログラムを提供する多数の政策も発行しています。

現地企業と比較して、FJPは競争力のある収入、従業員および家族向けのサポートおよびトレーニング政策において多くの優位性を持っています。

日本国内では、FJPは2,700人以上の従業員を抱える外国の最大の技術企業として知られています。過去18年間、FJPは日本国内の技術とITサービス市場でシェアを拡大し、日本の主要企業に重要なデジタルプロジェクトを提供してきました。同社は2025年に日本のITサービス企業トップ20にランクインし、2027年に売上高10億ドルを目指しています。また、2022年にはFSOFTも同様の成果を獲得しました。

Related Articles

Mới nhất