7.2 C
New York
金曜日, 4月 19, 2024

Buy now

DXGのソリューションにより、FJPは日本の大手企業との最初の契約を獲得

FSOFTは、顧客との密接な協力関係を1年近く続けた後、2023年8月3日にお客様から正式に「承認」を受け、同グループのデジタル変革プロジェクトにおける最初のPOCプロジェクトを展開することになりました。

お客様は、売上高192億米ドル、16カ国以上で15,000人以上の従業員を擁する日本第2位の建設ゼネコングループです。1892年に設立され、現在では132年以上にわたって効率的な運営を行っている。

最初のプロジェクトは、人的資源管理の問題と建設工事に関する多数のプロジェクトから生まれた。現在のデータは、国の調達データベース、資格管理システム、人事情報など、さまざまなソースから統合されているため、データの正確性に関して多くの問題が生じている。システム間のデータにより、データソース全体の検索、検索、管理が難しく、時間がかかっている。

顧客が直面している課題を理解したDXGの専門家は、同期時にシステムが自動的にデータのエラーを検出し、標準化するためのスマートなソリューションを提案した。このシステムにより、管理者は複数のデータソースを同時に接続することができ、データは検索に最適化されるようにクリーニングされ、手作業による処理時間が短縮されます。このシステムは、顧客の既存のSharePointプラットフォームに基づいて開発されています。

グエン・ダン・コアさん(DXG)は、次のように述べています。「FPTは顧客が直面している課題を十分に理解し、わずか数時間後のミーティングで迅速にソリューションを提案することができたため、顧客の心をつかむことができました。

最初のプロジェクトは、2023年8月3日にFJP DX Garageで正式にキックオフされる。顧客はまた、8月末にベトナムを訪問することに同意し、準備を進めている。これは、お客様にとってFPTの能力についてより多くを学び、変革の旅の連鎖における次のプロジェクトについて具体的に話し合う機会となる。

2023年の初めから、DXGはFSOFTのOBでCOEアイランド・プログラムを推進し、専門家を派遣して営業チームと直接連携し、落札確率の高いソリューションの迅速な導入を支援した。この日本を代表する10億ドル企業との最初の契約獲得は、DXGメンバーにとって、FJPと協力して潜在的な新規顧客を獲得する決意を固めるモチベーションとなっている。

Related Articles

Mới nhất