15.6 C
New York
日曜日, 5月 19, 2024

Buy now

FJPは初のAI特許を取得

日本特許庁(JPO)は、FJPのAI特許を承認しました。これは、FJPの世界レベルのAI研究開発能力を証明するものであり、ベトナムを世界のAI技術マップで輝く存在にするために貢献しています。

FJPのAI特許は日本特許庁によって認められ、日本国内で保護されています。この特許を所有することにより、FJPはAIのコア技術を開発し保護することができます。他の企業がこのコア技術を使用して製品を開発する場合、ライセンス料を支払う必要があります。これにより、FPTのAI技術分野での国際的な評判が向上します。

Dao Huu Hung氏(AIC.LAB.SC)とPhan Chau Phuc Thinh氏(FHM.QAI)は4年間このプロジェクトに取り組み、この成果に大きく貢献しました。2019年に当時FJPのデータサイエンスチームのリーダーだったHung氏は、2つの特許申請を提案しましたが、そのうちAI特許申請は特許庁に承認されました。これは、学会での審査とは異なり、特許庁の審査はより厳格なものとなっています。

「私たちのプロジェクトは、データの概念的な処理において、Vision Transformers(ViT)という技術と似たアプローチを採用しています。これはChatGPTのTransformerモデルに基づいています。私たちの特許申請は2019年8月にJPOに提出されましたが、ViTモデルは科学論文として最初に発表されたのは2020年10月でした。時間は非常に重要な要素です。もしわずかに遅れた場合、この特許は認められなかった可能性があります」と、Hung氏は語りました。

技術の進歩により、ViTは世界中の企業のAI製品で多く使用されることは間違いない。そのため、Hungさんは日本の弁護士と協力し、本特許の保護範囲を拡大するために取り組んでいます。

「初日から特許登録のサポートと資金援助をしてくれたTran Dang Hoa氏とDo Van Khac氏、そして会社に感謝したいと思います。私は、2017年、2018年にHoa氏が言った言葉を今でも覚えています。「マイクロソフトなどの大企業がFPTによって著作権侵害で訴えられると、FJPとFPT全体にとって大きな価値を持つ重要な事件になるでしょう」という言葉です。AI分野でFPTにさらに多くの学術論文や特許を登録できること」を願っています。

Tô Ngà

Related Articles

Mới nhất