15.6 C
New York
日曜日, 5月 19, 2024

Buy now

FPTのCEO:「ベトナム人は自信を持って日本人の難題を解決する。」

本日(5月16日)、ベトナムソフトウェア・情報技術サービス協会(VINASA)会長のFPTのNguyen Van Khoa CEOは、東京で開催された「第10回ベトナムITデー2023」イベントの開会式でスピーチを行いました。これは、ベトナムと日本の外交関係樹立50周年を記念する活動の一環です。

Khoa氏が指摘するように、ベトナムの企業がグローバルなデジタルトランスフォーメーションの中で注目すべき3つの機会は、次のとおりです: SAP/S4HanaのシステムのメンテナンスやDynamics 365 Microsoft、Cobol言語からモダンな言語への移行、そして電気自動車のテクニカルソフトウェア開発です。

もう一つのチャンスはデジタルトランスフォーメーション協力で、日本とベトナム両国の大きな課題をソサエティ5.0(Society 5.0)に従って解決するものです。近年、世界ではレベル1のデジタルトランスフォーメーション、すなわち業務の自動化によって従業員を退屈な仕事から解放し、生産性を高め、同時に企業の高収益を最適化することが導入されています。ベトナム企業は、より高度なレベルでのデジタル変革、消費者と企業、市民と政府、企業と企業の接点の自動化という観点で、方法とリソースを持っています。

プレゼンテーションの最後に、Nguyen Van Khoa氏は、最もクリエイティブなソリューションを得るために、最も困難で挑戦的な課題をベトナム企業にアウトソースすることを日本企業に提案しました。
「ベトナムと日本の50年の関係の基盤を考えると、私は両国間の協力の可能性は無限であると信じています。これは新たな協力時代を開き、迅速な発展と持続可能性をもたらすでしょう。共に、私たちはグローバル化を実現します」とVINASAの会長は強調しました。

Related Articles

Mới nhất